名古屋の「おちょぼさん」で豆まき

神社やお寺での豆まきといえば、

年男や年女、厄年のときに参加できるところが多いと思いますが、

 

20190202100914_p.jpg節分.jpg

 

誰でも豆まきができる節分祭に行って参りました。

「おちょぼさん」で有名な千代保稲荷神社の名古屋支所です。

 

20190203131140_p.jpg節分.jpg

 

赤い鳥居をくぐると...

 

20190203130758_p.jpg節分.jpg

 

ちょこんと鎮座するお狐さま。

油揚げと一緒に、この日は節分豆もお供えしてありました。

 

20190203130718_p.jpg節分.jpg

 

ずらりと並ぶ鳥居をくぐって進みます。

息子は、トンネルをくぐっているような気分になったのか

電車になりきって何往復かしていました。

 

20190203131509_p.jpg節分.jpg

 

お賽銭箱の隣には"おもかる石"

重いと感じるか、軽いと感じるかで、

願い事が叶うかどうか占う...というものですが、

2歳児には当然持ち上げることは無理!

でも、興味津々でした。

 

20190204230814_p.jpg節分.jpg

 

御祈祷を受けて、櫓に昇り、

いざ、豆まき!!

 

福豆を求めて差し出された紙袋に、

できるだけこぼさないように入れました。

豆まき、というよりは

豆入れ、という感じ。

 

「ありがとう!」と言って下さる方も多く、

アットホームな雰囲気の豆まきです。

 

20190203132113_p.jpg節分.jpg

 

桃元行事、弓箭行事という儀式。

櫓の上から矢を射るたびに歓声が上がり、

矢が落ちたところに、わっと人が集まります。

(縁起物として持って帰れるようです。)

 

20190203135329_p.jpg節分.jpg

 

豆まきの記念品をたくさんいただいて帰宅。

いわしと柊は、玄関に飾りました。

 

境内で購入した恵方巻も美味しかったし、

2歳の息子に豆まきを体験させることもできたし、

大満足の節分になりました。

 

 

 

 

 

 

 

<   2019年2月
sun mon tue wed thu fri sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728