ミニチュア『万景峰92』の製作(2)

(前回の続きです)

月曜日のそもそもスイッチ!で使用した『万景峰号』のミニチュア。

その3日間の製作過程をお伝えしています。

 

 

2日目 <7月5日(土)>

 

土曜日は丸一日休み・・・製作時間にも余裕がとれるかと思いきや・・・!

■午後4時

伯母さんの手料理を振舞ってもらい、すっかり祖母宅に長居してしまったので

こんな時間の作業再開になってしまいました。(^^;ゞ

 

前回、水で溶いた木工用ボンドを塗った外板にパテを盛っていきます。

乾燥したら、表面が滑らかになるよう紙ヤスリで均します。

写真 2014-07-05 19 00 35.jpg

 

船首部分の下のふくらみ「バルバスバウ」もパテを盛って再現です・・・

水中でよりスムースに進ませるのに効果があるそうです。

 

それらしく見えるようになってきましたが、

パテを盛って削って盛って削って・・・を繰り返すと夜中になってしまいました。

2日目はこれにて作業終了。

 

 

3日目 <7月6日(日)>

 

■午前9時~午後3時

 

放送前日。

いよいよ朝から仕上げを・・・とはいきませんでした。

というのも、この日は新潟県柏崎市で毎年開かれている『第11回柏崎模型展』に

参加するため朝7時には富山を発ちます。

 

この展示会には10年前の第2回から参加していて、当時の私は高校生。

当初は柏崎市近郊の参加者が殆どでしたが、今年は長野や東京、

名古屋からも参加があり、たくさんの方とお話ができました。

年々規模が大きくなっていてうれしいですね。

 

 

写真 2014-07-06 11 44 17.jpg

しかし、のんびりしているわけにもいかず、空いた時間を見つけては

会場の隅っこでせっせと紙ヤスリをかけます・・・・(^^;ゞ

作業の手を止めてはたま~に展示スペースに置いてみたところ、

新潟の地元モデラーの方々に「もしかして万景峰号ですか?」と気づいてもらえました。

それを励みに頑張ることに・・・。

 

写真 2014-07-06 11 33 29.jpg

 

 

撤収を終え、名古屋に帰ったのが午後8時すぎ。

そこからはもう何をどうしたのか、写真を撮る余裕もありませんでした。

 

 

放送当日 <7月7日(月)>

 

明け方3時ごろになって、ついにこの状態に。

大まかな所をマスキング塗装したあとは

資料をもとに筆の一発描きで窓などを仕上げました。

写真 2014-07-07 2 12 28.jpg

手描きは一つ一つにムラが出てしまって本来模型には向かないのですが、

時間がないので背に腹は代えられません!

なんだか民芸品とか土産物みたいな風情になってしまいましたが

それも「味わい」と割り切ってすすめます。

 

(スイッチ!のセットには合うかもしれません・・・と言い訳を^^;)

船首部分のハングル文字もちゃんと描いてますよ~。(↓)

 

写真 2014-07-07 9 21 47.jpg  

 

・・・というわけで、やや長くなってしまいましたが、

そもそもスイッチ!で使用した『万景峰号』製作レポート、

これにて終了です。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

これからも視聴者の皆様の疑問・質問・気になることにビシバシ!

わかりやすくお答えしていきます。

 

写真 2014-07-07 9 21 41.jpg

スイッチ