地域貢献活動

社内見学

令和元年度 活動報告

photo
  • 【開催日】6月6日(木)

高山市立宮中学校の2年生・8名と教諭2名が庄野アナウンサーから「ニュース原稿を読んでみよう!」の講義を受けました。実際に、発声練習をだんだんと進めていく中で、アナウンサーが放送で実践していることの概要について理解することが出来ました。スタジオ美術セットや副調整室のしくみでは、実際にテレビの放送現場で、出演者や司会者が座るセットの確認や放送が送り込まれる際に、テレビ局の既存設備がどのように機能しているのかを、見聞することが出来ました。

photo
  • 【開催日】6月6日(木)

豊橋市立石巻中学校の2年生の6名と教諭1名が「スイッチ!」スタジオと副調整室で、 番組進行とともに、各行程が推移する様子を学習しました。副調整室ではスタジオでカメラが撮影した映像を確認し、文字や音効を施し放送へ進行する行程を見聞しました。番組放送完了後、スタジオにて「生放送番組の制作」の特徴と番組視聴対象の話などの概説がありました。また、これからのテレビ局のデジタルコンテンツ部門についての講演を聴き、VR東海の実演体験を伴い学習することが出来ました。

photo
  • 【開催日】5月30日(木)

豊橋市立牟呂中学校の2年生の6名と教諭1名が「スイッチ!」スタジオにて、番組進行台本を目で追いながら、スタジオ見学しました。副調整室では全体の進行管理をするプログラムディレクター、VE(ビデオエンジニア)が画像の明るさ等を確認し、放送へ向けての準備を進める様子を学びました。番組放送完了後、スタジオにて「ディレクターの仕事」を教示してもらえました。そして「生放送番組制作の特徴」についてプログラムディレクターの話を聞くことができました。

photo
  • 【開催日】5月28日(火)

高山市立清見中学校の2年生・5名と教諭1名がスタジオ美術セットと照明設備を体験学習できました。美術倉庫にて、情報番組の巨大フリップに貼られているシールをはがしたり付けたりと、放送で活用されているセットについて遊び心をもって学びました。また照明機器のオペレーションについて、ライティングの基本技術として照明をあてる角度や色合いによって被写体や雰囲気が如何に変わるかを知ることが出来ました。また、「VR東海」体験と、これからのテレビのコンテンツ未来像をデジタルコンテンツ担当者から講義を受けることが出来ました。

photo
  • 【開催日】5月22日(水)

下呂市立下呂中学校2年生の生徒5名と教諭1名が令和初の公募見学会として「スイッチ!」スタジオで生放送の見聞体験をしました。また放送と同時進行している副調整室では「スイッチ!」の番組進行を追いながら、映像、照明、音声、効果などついての説明を制作技術担当者からききました。また、当日放送を終えたスタジオにて司会者と交流後、テレビカメラの操作方法についてと、総括では「テレビ局で働く」立場としての質疑応答などもありました。

上へ戻る