昼ドラ公式 twitter

インタビュー

平山あやさん(汐見ハナ役)

人物紹介

――昼ドラは初出演になりますが、シングルマザー役も初めてですよね。
 「ここまで子どもとのシーンが多い役は初めてで、自分の中では最初、どう接していいのか分からなくて。でもサヤ役の遠藤璃菜ちゃんが私に懐いてくれて、毎日接していると私の中でも彼女を愛おしいと思う気持ちがどんどん大きくなっています。私たち親子を演じている二人に芽生えた感情が、ハナとサヤの絆の強さのように映ってくれたらいいなって思っています。この作品って実は大人の登場人物の個性がかなり強いんです。誰よりも真っ直ぐで素直なハナとして、ドラマに出て来る人たちとの触れ合いを楽しんでいますが、視聴者の皆さんもハナと同じように楽しんでご覧いただけたらうれしいですね」

――撮影も中盤に入ったとのことですが、作品に対してどんな感想を抱いてますか?
 「ハナと娘のサヤの身の周りでいろんなことが起きるんですよね。事件や悲しい出来事が次々と。その中で二人は加地さんと関わるようになり、ハナは貴之さんと再会します。演じていてこの親子があまりにも可哀そうになるときもあれば、反対にこんな満ち足りた親子はいないんじゃないかっていうほどの幸せを感じるときもあるんです。ハナは謝る場面が多くて、嫌な人に出会ったりもするので、そういう意味では不幸を感じるんですけど、我が子を守り、娘の笑顔を見るとそれだけで無条件に幸せなんですよ。この母娘が最終回に向けてどうなるか分からないですけど、どんな試練にも負けないよう強くなって欲しいし、幸せになって欲しいと思っています」

――今の時点で、ハナの強さを感じていますか?
 「ハナを演じて行く上で『子どもを守らなくてはいけない』という気持ちがとても大事になると思ったし、ハナは演じていると、『子どもがいるから頑張れる』と感じる場面がたくさんあって、“守るべき存在”のいる母親の強さを実感しています。そういうシーンがあるごとに、彼女はどんどん強くなっているんじゃないですか(笑)」

――シングルマザーという生き方については?
 「最初に台本を読んだときは“え!?“って思いました。でも演技とは言え、璃菜ちゃんが本当に愛しいんです。もし彼女が本当の娘なら…と考えると、シングルマザーになったことを後悔はしないでしょうし、周りが何と言おうと娘は宝物なので、こういう人生の選択も演じてみると共感できる部分もあります。だからハナのことも格好良いなって思います。子どもを一生懸命育てている姿は“男前”ですよね。ただ、あまりに大変だから可哀そうな気がするときもあるんですよ。私自身、ハナやサヤに対して共感したり、同情したり。揺れ動いているところがあります」
――ハナを演じている上で、参考にしている方などいますか?
 「姉に二人、男の子の子どもがいるんですが、出産後、姉の顔つきがどんどん“母親”になり、性格も強い方向に変わったんですね。子育ては日々大変なようですが、姉にお母さんという新たな一面が加わったことで私の知らないところがどんどん出てきたのは不思議ですね」

――クランクインしてすぐに、自分の中の“母性”を感じています、と語っていましたね。
 「お腹を痛めて産むということ。苦しみ抜いて頑張って産むのでしょうが、自分の中から自分の血を受け継ぐ存在が生まれたら、どんなに苦しい状況でも頑張らなくちゃ、守らなくちゃ、という気持ちが湧いてくるんだと思います。姉だけでなく、友達でもお母さんになった子もいるし、私ももともとは早くお母さんになりたい、というタイプだったんです。こうやって母親を演じてみると、一緒に洗濯物を畳んだり、一緒に帰り道を歩いたり、子どものために食事を作ったり…。“子どものため”ということがどんどん増えて、成長を見守っていくことって生きがいになるんだろうなって思っています」

――平山さんは自分がどんな母親になると思いますか?
 「理想としてはいろんなことに挑戦させたいし、やりたいことがあったら、どんどんやらせてあげたいです。でも厳しいところは厳しく。と言いつつ、璃菜ちゃんが本当に可愛いから、自分の子ならなおさら過保護になってしまうかもしれないです(笑)」
――第二部では生活は楽ではないけれど心は満ち足りているハナやサヤの生き方を通し、“豊かさ”というものを描いていきますが、平山さんは心の豊かさってどういうものだと思いますか?
 「普段、生活していて『心が豊かってどういうことだろう?』なんて考えることはそうないと思うんですけど、ふとした瞬間に感じるものかもしれないですね。自分が好きなことに打ち込んでいる瞬間だったり、お子さんがいる方なら、子どもの成長を感じる瞬間だったり。日々の中では実は身近にあるものじゃないでしょうか」

――この作品を通し、どんなことを伝えたいですか?
 「頑張って子育てをしているお母さん方にとって、この作品が親子の絆を深めるきっかけになってくれたらうれしいです。それに忘れていた幸せを感じて考えていただけたら。男性の方にも『こういう生き方もあるんだ』と考えることの多い作品だと思います。 “え!?”っとなりつつ、いろんなことを見つめ直せるドラマだと思います」
――第2部はハナが相手に何も告げず子どもを産んだことを含め、誰が良いとか悪いとかでなく、人が生きるとはどういうことなのか、描いている作品のような気がします。
 「人生、生きて行く中でいろんなことが起きますよね。それは楽しいことばかりでなく、辛いこと悲しいこともありますけど、人間っていろんな感情があって、この作品はそのすべてがギュッと濃縮され、1カ月で描かれているので、実はこれまでにないタイプのドラマになる気がしています」
  • 平山あやさん(汐見ハナ役)
  • 和田聰宏さん(加地立平役)
  • 南 圭介さん(富沢貴之役)
  • 黒坂真美さん(富沢 茜役)
  • ICONIQさん(井村美鈴役)
  • 綿引勝彦さん(十一役)
  • 水野久美さん(富沢佐智役)

ページの先頭に戻る

おすすめコンテンツ