昼ドラ公式 twitter

ストーリー

第6週 5月6日(月)~5月10日(金)放送

 清掃員として働く病院で、佐智(水野久美)とその息子・貴之(南圭介)に8年ぶりに再会してしまったハナ(平山あや)。何事も起きないようにと静かに期待するが、ハナの娘・サヤ(遠藤璃菜)の存在に佐智も貴之も、とある疑惑を心に抱くようになり……
 一方、外科医の加地(和田聰宏)もまたハナとサヤから目が離せなくなる。婚約者のさやか(上野なつひ)が亡くなった交通事故で、彼女が命を犠牲にしてまで助けた子供は実はサヤなのではないか……。真実を知ろうともがく加地。
 そんな中、サヤを可愛がってくれている入院患者・十(綿引勝彦)の大部屋を訪ねるハナ。ベッドの下の掃除を断られ、怪訝に思うが、そんな十が寂しい入院生活をしていると知り……。
 一方、なんとかハナと接触しようと試みる貴之。ハナにかわされてなかなかサヤの件を追及できない中、加地もまたハナに興味を持っていることに気づく。佐智の治療方針について、加地と対立する貴之。彼は日増しに加地への不信感を強めていて…。
 入院患者の十が孤独の身だと知ったハナは、病院への出入りを禁止していたサヤに、十のお見舞いに行くことを許す。喜んだサヤは早速、十に会いに行くが、彼がベッドの下に隠していたあるモノをめぐって、病院中が大騒動となってしまう。清掃担当だったハナは事務長の小沼(徳井優)からクビを言い渡されてしまうが……。
 そんな中、ハナのもとへ招かれざる客がやって来る。それはいとこの通(河相我聞)だった。4年ぶりにもかかわらず、いきなり金を無心してくる通。混乱するハナを尻目に、通は人の良いふりをしてサヤにまで近づき…。

振返り動画を見る

ページの先頭に戻る

おすすめコンテンツ