昼ドラ公式 twitter

ストーリー

第12週 6月17日(月)~6月21日(金)放送

 検査を受けた後、何も言わず志織(小泉麻耶)が退院してしまう。西条(小沢真珠)に何か余計なことを言ったのか、と問い詰められる瞬太(石黒英雄)だが、思い当たる節がなく困惑する。退院の理由を知りたくて、瞬太は思わず志織の家を訪ねるが…。
 最初は患者にも同僚にも心を閉ざしていた瞬太だが、診察の様子を見て、西条がそんな彼の変化に気づく。瞬太は患者の病状だけでなく、いつしか置かれた状況なども考慮するようになっていたのだ。
 末期がんのルイ(草村礼子)の手術をすべきかどうか結論の出せない瞬太に、置田(長谷川朝晴)が父、良介(永井大)のところに出向く用事を与える。治る見込みがなく、いつ亡くなってもおかしくない患者への訪問診療を続ける良介のやり方に、迷いの答えがあるような気がする瞬太だが…。
 小田原に父を訪ねた瞬太は実家の玄関を開けたところで良介と恵(水野美紀)が抱き合っている姿を目撃する。衝撃を受ける瞬太に良介は…。
 父と素直に話せず居心地の悪さを感じる瞬太だが、そこに良介が診ている患者から体調を崩した、との連絡が入る。良介は瞬太に同行させることに。
 患者のことを思い、ときに厳しいことを言う良介。瞬太はそんな父をとがめるが、患者からは反対に父への感謝の言葉を聞き、驚く。
 同じ頃、瞬太の勤める病院に退院した志織が現れていた。特別室に忍び込んだ志織を亀井(遠藤雄弥)が偶然見つける。志織が瞬太に会いに来たに違いない、そう確信する亀井。そんな彼に志織は瞬太に謝りたいことがあると、まだ本人に打ち明けていない話を始める。

振返り動画を見る

ページの先頭に戻る

おすすめコンテンツ