昼ドラ公式 twitter

トピックス

4月2日更新 初日から夫婦愛!? クランクインリポート

このドラマがクランクインしたのは3月上旬。初日は、百田家のセットで滴と良介の暮らしぶりが撮影されました。

次へ

 まずは、この家の“主夫”である良介が家事をする場面をいくつか撮影。スタジオに現れた永井さんは髪を短くして、すっきりシャープな印象です。カ、カッコいい…。
 滴に持たせるお弁当を作っている場面では、野菜を切ってフライパンで炒めたり、卵焼きを作ったり。料理をする方なら分かると思いますが、卵焼きを手際よくきれいに作るのはそう簡単ではありません。プロデューサーいわく、良介は「手先が器用な設定です」とのことで、永井さんも軽やかに卵焼きを作ってほしい、とリクエストされました。
 1回目、卵焼き専門の四角いフライパンに溶いた卵を流し、ひっくり返すところまではテンポ良く進みましたが、フライパンから卵焼きを取ろうとしたところで失敗。卵焼きがフライパンにくっつき過ぎて、なかなか離れてくれなかったようです。

次へ

前へ

 改めて卵焼きを作る手順を声に出しつつ、“エア”で練習する永井さん。しかし2回目もスムーズに作ることが出来ませんでした。そこで水野さんが、「途中まで作っておいて、最後の1回だけ卵を巻く形にすれば、フライパンもそんなに熱くならないからフライパンからうまく取れると思いますよ」とアイディアを。
 そこで水野さんの案を元に永井さんが卵焼きに挑戦すると、2回目のトライで見事成功! となりました。撮影初日から、“夫婦愛”で困難を乗り越えていくお二人に、現場も活気づきます。

次へ

前へ

 そしてこの後、水野さんも撮影に参加。水野さんの最初の撮影は、久しぶりに百田家に現れた良介の母、路代にきびしい言葉を浴びせられる場面です。
 水野さんの撮影が始まったところで、水野さんと旧知の仲だという監督が陣中見合いに。会うのは久しぶりとのことで、その監督は水野さんに花束を渡しながら、「昼ドラの現場は大変なことも多いけれど、大変なほうが頑張れるタイプでしょ」と。すると水野さんは、「はい。そういうタイプです(笑)」と答えていました。

次へ

前へ

 この日、滴と良介がお好み焼きを食べる場面も撮影されましたが、水野さんはスタッフさんが作ったハート形のお好み焼きを発見。「うわ、本当にハート形になっている。こんな風に作るの大変ですよね。食べるのがもったいないな」と語っていました。

次へ

前へ

 撮影二日目は病院のセットでの撮影です。白衣を着た滴がきびきびと働く場面を次々撮っていきます。水野さんは自分の出番のないときでもスタジオを離れず、共演者の皆さんの演技をじっと見つめていました。
 この日はプロデューサーからイチゴの差し入れが。それも3種類。水野さんを始め、スタッフ、キャストの皆さんは、「食べ比べが出来る!」と美味しそうにイチゴをほおばっていたのでした。

前へ

矢印ボタンでページが切り替わります。

ページの先頭に戻る

おすすめコンテンツ