罪を抱えた迷える羊
眞一の母親。6年前、無理心中しようとした太一から眞一を守るためにもみあい、刺殺してしまう。服役後、太一を殺してしまった贖罪を抱え、娼婦となって前借した金を紅子に送り届ける。眞一の幸せのために、殺人者の自分が母として名乗り出ることを拒んでいる。