子を喪った悲しきばあば
紅子に誘われ、孤児院を手伝っている。
息子・太一の亡き今、孫の眞一だけが心の支えとなっている。