一人二役に挑戦する主演・安達祐実 × ドロドロ

 東海テレビ昼ドラの“ドロドロ路線”を確立した『真珠夫人』や『牡丹と薔薇』を経て、再び東海テレビの王道“ドロドロ愛憎劇”が復活します。しかし、今作のヒロインは苦境を耐え忍ぶ悲劇のヒロインではありません。何も、誰も、切り捨てない。自分の人生も諦めない強さを持った女性です。そんな昼ドラ史上最も強いヒロインを安達祐実が熱演します!

~生きるため、愛のためなら、アタイは何だってやる~

 人間の強さの根源は「愛」。人は愛することで強くなり、愛されることで安息を得ます。100年に一度の不況と言われている現在、自分の生活を守ることに必死で、他人の人生を顧みる余裕などないかもしれません。しかしこんな時代だからこそ、守るべき絆があるはずです。

 昭和12年。四民平等と謳われながらも、いまだ身分の差が激しい時代。貧しい大工の娘、山田紅子は食べ物を盗むために入った別荘で、子爵令嬢の清瀬凛子と出会います。瓜二つの紅子と凛子。その容貌は、凛子と兄弟のように育ち、凛子を愛する久我山真彦も見間違うほどでした。
 同じ容貌でありながら、かたやその日食べる米にも苦労する貧乏人。かたや、何不自由なく生きる子爵家の令嬢。運命の皮肉を呪いながらも、紅子は必死に生きようとします。
 しかし凛子が家督争いの中、毒殺されたことで、紅子の人生が大きく変わります。

「アタイを買って。アタイが凛子になってあげる」

 真彦は凛子の死を隠し、犯人に復讐するため。紅子は貧乏のどん底にある家族を救い、自らも這い上がるため、凛子として生きていくことになります。しかしそれはさらなる地獄への扉でした。
 でも、紅子は決して諦めません。愛することも、愛されることも諦めず、力強く、自分の意志で、自らの道を切り拓いていきます。

 あえて昭和初期という時代を舞台にすることにより、より強く、より濃く、現在私たちが抱えている問題、苦しみを描くことができるでしょう。そして過酷な運命に曝されながらも、背負ってしまった運命を力強く抱え込み、前に進み続ける紅子の姿は、見ている方に勇気を与えてくれることと信じています。

一人二役に挑戦する主演・安達祐実 × ドロドロ

キャスト

山田紅子
安達祐実
清瀬凛子
安達祐実
久我山真彦
鳥羽 潤
藤堂賢吾
石川伸一郎
羽賀麗華
木下あゆ美
清瀬孝太郎
岸博之
清瀬太一
久保山知洋
千鶴
魏 涼子
山田和子
谷川清美

清瀬杏子
越智静香
久我山慎之助
野村宏伸
清瀬ミツ
赤座美代子

スタッフ

【企画】
西本淳一(東海テレビ)
【脚本】
野依美幸
【音楽】
中島靖雄
【プロデューサー】
松本圭右(東海テレビ)
小池唯一(泉放送制作)
佐藤禎剛(泉放送制作)
【演出】
島崎敏樹(泉放送制作)
金子与志一(泉放送制作)
茂山佳則(泉放送制作)
【主題歌】
椿屋四重奏
「いばらのみち」
(ワーナーミュージック・ジャパン)
【制作】
東海テレビ・泉放送制作