愛知県瀬戸市の交差点で先月、乗用車でバイクを転倒させ男性に大ケガを負わせたまま逃げたとして、22歳の会社員の男が逮捕されました。

 逮捕されたのは瀬戸市の会社員・森晟也容疑者(22)です。

 森容疑者は4月21日、瀬戸市上松山町の信号交差点で乗用車でバイクを転倒させ、男性に大ケガを負わせたまま逃げた疑いが持たれています。

 バイクに乗っていた会社員の男性(45)は車との衝突を避けた際に転倒し、ろっ骨を折るなどしました。

 警察によりますと、通行人が逃げた乗用車のナンバーを覚えていたことから、森容疑者を特定したということです。

 調べに対し、森容疑者は「相手が転んだのは見ていないので分からない」と容疑を否認していて、警察は事故の状況を詳しく調べています。
(最終更新:2019/05/12 13:12)