14日午後1時ごろの三重県尾鷲市。車がしぶきを上げながら進んでいます。

 14日未明から三重県南部を中心に降り続いているこの雨。低気圧や梅雨前線に向かって湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になっています。

 このため東海地方は15日にかけて雷を伴って激しい雨が降るとともに、強い風になるとみられています。

 15日午後6時までの24時間雨量は、三重県の多いところで200ミリなどと予想されています。

 この大雨の予想をうけ、三重県は14日午後に緊急会議を開き、鈴木英敬知事が幹部職員に対し「緊張感をもって連絡体制を万全にしてほしい」などと指示。

 さらに県民に対しても新たに運用が始まった「警戒レベル」を用いて注意を呼びかけました。

鈴木三重県知事:
「高齢者などの避難に時間を要する方は警戒レベル3、その他の方は警戒レベル4で避難をしてください」

 気象台は15日にかけて大雨や強風に加えて土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに注意するよう呼び掛けています。
(最終更新:2019/06/14 17:41)