たくさんのレギュラー番組を抱え今、人気絶頂のバナナマン!
お金だってそれなりにあり、全てが“成功したオトナ”のように見える2人だが…
実は、その内面はまだまだ中二レベル!
当番組は、そんなバナナマンが、現在の地位・年齢に見合ったオトナになるべく
毎回、色んな“オトナの授業”を受けていくという
バナナマンがオトナの階段を駆け上がるバラエティです!

6/2

「オトナのカラオケ」

  • 画像
  • 画像

 今回は多数の有名アーティストを生徒に持つボイストレーナーをティーチャーに招き、感動させるオトナの歌い方を学ぶ!実はCDを出した経験があるバナナマン。自分たちはプロだと豪語し、大島も含めた3人でそれぞれ18番を披露するが…結果は感動なしの鐘ひとつ。音程のずれや表現力のなさなどが原因とティーチャーから言われ、早速レッスン開始。まずは発声練習から。顔の筋肉を存分に使い、のどを震わせるしぐさをする先生の顔面パワーに圧倒される3人。続いて個人レッスンを行い、最後は「卒業のど自慢大会」を開催!設楽はタメを意識するなど、歌詞を大事にして歌う練習の成果を発揮し、見事鐘三つを獲得する。続いて大島もセクシーボイスを意識するなど、表現力の練習の成果を発揮し、見事鐘三つ!そして最後は日村。先ほど白目をむき、顔を真っ赤にして熱唱した日村だったが、高音を出すときにのどを締め付けていると指摘され、のどを広げる練習を行い、見事鐘三つを獲得する!見事3人ともオトナの感動させる唄い方を習得し、レッスン終了!

(c)Tokai Television Broadcasting Co.Ltd. All Rights Reserved.