たくさんのレギュラー番組を抱え今、人気絶頂のバナナマン!
お金だってそれなりにあり、全てが“成功したオトナ”のように見える2人だが…
実は、その内面はまだまだ中二レベル!
当番組は、そんなバナナマンが、現在の地位・年齢に見合ったオトナになるべく
毎回、色んな“オトナの授業”を受けていくという
バナナマンがオトナの階段を駆け上がるバラエティです!

1/19

山本博(ロバート)

「オトナの寿司」

  • 画像
  • 画像

 今回は、芸人の前に板前を目指していたというロバート山本の持ち込み企画「オトナなら寿司を握れ」!アルバイト時代、軍艦巻きが得意で「軍艦の山本」と呼ばれながらも握りは未経験という山本くんも交え、寿司のスペシャリストから握り方を学ぶ!
 まずはサクの切り付け方。一番上手だったのは、設楽くん。斜めに九割包丁を入れたら残りは垂直に切ると良いんだとか。続いてシャリ量の感覚をつかむレッスン!一貫あたり15~17グラムが適量だそうで、ここでも設楽くんが見事な握りテクをみせる。
 さらに一同は念願の握りに挑戦!置くと傾く山本くんの寿司を設楽くんがいじり倒すと、各自、自分の握った寿司を堪能。続いて“軍艦の山本”が本領発揮とばかりに軍艦巻きの技を見せるのだが…、シャリが飛び出し見た目も最悪で3人からはブーイングの嵐。
 最後は接客も踏まえた実践テストとして、一番スジが良いと言われた設楽くんが、お客さん役の日村くんと大島くん相手に寿司を振る舞う。この日が初挑戦で、4貫しか握ったことが無い設楽くんだったが、見事な出来栄えに、ティーチャーも喝采!山本くんが設楽くんの才能に嫉妬して、終了…!

(c)Tokai Television Broadcasting Co.Ltd. All Rights Reserved.