たくさんのレギュラー番組を抱え今、人気絶頂のバナナマン!
お金だってそれなりにあり、全てが“成功したオトナ”のように見える2人だが…
実は、その内面はまだまだ中二レベル!
当番組は、そんなバナナマンが、現在の地位・年齢に見合ったオトナになるべく
毎回、色んな“オトナの授業”を受けていくという
バナナマンがオトナの階段を駆け上がるバラエティです!

2/16

鈴木拓(ドランクドラゴン)

「オトナのパスタ」

  • 画像
  • 画像

 今回は、2つの企画を持ち込んだドランクドラゴン鈴木拓の1つ目の授業「オトナなら旨いパスタをサラッと作れ」!普段から親しい人にパスタを振る舞っているという鈴木ティーチャーは、我こそは芸能界No.1のパスタ芸人であると主張!まずは食材探しからスタート!自信作だというトマトクリームパスタの作り方を伝授しようとするが、設楽くんも作れるということで、急遽ティーチャーと設楽くんが対決することに!
 各自材料を買い、さっそくキッチンスタジオへ向かうが、ここで設楽くんがある料理番組で王者になったことがあるという事実を聞かされたティーチャー!しかも、そんな設楽くんを、過去に番組でも大活躍したフードコーディネーター、為我井(ためがい)さんが手助けする事になり、審査員の1人にも為我井さんが選ばれたため、ティーチャーのイライラが爆発する!
 そんなクレームの多いティーチャーだったが、しぶしぶ制限時間15分で作るパスタ対決スタート!日村くんの生実況のもと、パスタを作りはじめる2人。着々と手際よく調理する設楽くんに対し、ティーチャーは10分で生麺を作るというパスタマシーンを投入するが、10分経っても麺はできず…。そんな中、設楽くんは制限時間ピッタリで2種類のパスタを作り上げる!制限時間を無視した鈴木ティーチャーは結局25分かけて完成…。どちらのパスタも審査員の舌をうならせたが、全員一致で制限時間内に2品作った設楽くんの勝利で、授業終了!

(c)Tokai Television Broadcasting Co.Ltd. All Rights Reserved.