三上 志織 (みかみ しおり)
和田 聰宏
 湘南清風総合病院の患者。父は大学病院教授。性格は強気で生意気なお嬢様気質だが、実は幼い頃に多忙な両親からかまってもらえず、孤独感を募らせてきた。体調を崩し、母に半ば強制的に入院させられ、反抗心から医師・看護師とは口を利かず治療も受けつけない。そんな自分を受け止めてくれる瞬太の誠実な人柄に触れ、やがて言葉と生きる希望を取り戻していく。