ブログ

最終回御礼!

2014年03月28日

こんにちは、HPライターのTです。
本日、最終回を迎えた「花嫁のれん」。視聴者の皆様、ご声援ありがとうございました。


第1弾のときからご覧いただいている皆様にとっては、
今回、末っ子の幸が女将修行を始めたのには大いに驚いたのではないでしょうか。
かく言う記者自身もその一人。


152_6049.jpg


幸役の木村真那月さんと翔太役の草川拓弥さんの成長した姿を見て、
久しぶりに会った親せきの子供が大きくなったときのような感慨がありました。


現場では旅館のセットで愛らしい着物姿の木村さんを見かけることが何度かありましたが、
着慣れないであろう着物で、所作を気にしながら演技をする木村さんの姿は
「大人になったな」という一言につきました。
また羽田さんや野際さんと演技の話をしている様子は
まさに"女優"という言葉がピッタリでした。


066_2601.jpg


5月に公開される映画「悪夢ちゃん The夢ovie」でも大役を演じるなど、
ますます注目を集める木村さん。これからそんな彼女が幸の成長をどう演じるのか、
機会があればぜひ見たいと思うのは記者だけでしょうか。


木村さんに、久しぶりに「花嫁のれん」の現場に戻ってきた感想を聞いてみました。


「幸が女将修行を始めると聞いたときは、『私が女将修行を!?』とビックリしました。
 最初の頃は母屋で家族のみんなとこたつに入って果物を食べていたことを考えると、
 自分でも『幸も成長したな』と思いました(笑)。
 着物は着慣れなかったので、苦しかったです。
 帯をグルグル巻かれるのはきつかったし、ご飯もなかなか食べられなかったです(笑)。
 でも羽田さんや野際さんがすぐ直してくださり、うれしかったです。
 女将修行のシーンは大変というより
 初めて挑戦することばかりでワクワクする気持ちのほうが大きかったです。
 言葉遣いでは"ございます"なんて言ったことがなかったし、
 セリフもこれまでの何倍にも増えましたが、
 今までとは違う幸を少しは表現できたかな、と思っています」

ページ先頭へ戻る