これまでの物語

 奈緒子(羽田美智子)は、今日子(加藤忍)の店で宗佑(津田寛治)を見つける。
 今日子は浮気した夫と別れるつもりだったが、今日子の後を追って金沢にやって来た夫に宗佑が、男としての責任の取り方を説いていた。自分のことはさておき、正論を説く宗佑の能天気さに奈緒子は怒りを爆発させる。
 奈緒子は、志乃(野際陽子)に宗佑が見つかったことを報告。すぐ連れて帰るという。怒り心頭の奈緒子は、宗佑に勘当を言い渡すよう志乃に迫るが...。
 宗佑が悪いとは分かっていても、志乃はどうしても息子をかばいたくなる。今回も宗佑に甘い態度を見せる姑に業を煮やした奈緒子は、宗佑を勘当しないのなら"離婚"すると爆弾発言をする。これまで以上に強気な奈緒子の態度に、志乃はあ然となり何も言えなくなってしまう。
 まさに"究極の選択"を迫られた宗佑は、志乃に自分の思いを語る。息子の話を聞いた志乃の表情がみるみる変化して...。
 そんな中、瑠璃子(里久鳴祐果)が何の連絡も無く東京の嫁ぎ先から帰ってくる。翔太(草川拓弥)から奈緒子と宗佑のことを聞き、心配になって様子を見に来たと言う。瑠璃子は久しぶりの帰郷ということで、当分金沢にいると家族に話すが...。
 実家を出て、今日子に"避難場所"を借りている宗佑を辰夫(山本圭)が訪問。奈緒子や志乃から突きつけられた選択について、答えを先延ばしにしている宗佑に対して辰夫は、奈緒子と志乃が宗佑のことを巡り、互いに一歩も引かない状況だと話す。母屋でも心休まるときがないとこぼす辰夫は、この状況を変えるためにも一刻も早く答えを出すよう息子に迫るが...。
 その矢先、今日子から奈緒子に、宗佑が置き手紙をして出て行ったと、慌てた様子で連絡が入る。

    第4週 1月27日(月)~31日(金)放送

ページ先頭へ戻る