これまでの物語

 東京で暮らしていた志乃(野際陽子)の孫・瑠璃子(里久鳴祐果)が突然、実家に帰ってくる。
 奈緒子(羽田美智子)と志乃は、瑠璃子に東京での暮らしの中で何かがあったに違いないと確信する。志乃は奈緒子にせかされ、瑠璃子と同居している義母・圭子(岡本麗)に電話をするが、応答しない。
 一方、旅館では仲居の咲子(田中こなつ)が、大阪から来た団体客に対してうまく対応できず困惑していた。咲子が担当する部屋に泊まっている白金(小柳友貴美)と金原(山口美也子)が、彼女とろくに話をせず、相手にしないのだ。
 それでも健気に仕事に励む咲子にとんでもない事態が起きる。買い物に出かけた金原は買ってきた茶碗を咲子に部屋へ運ばせたが、開けたら割れていたと言うのだ。身に覚えのない言いがかりで、咲子は窮地に立たされてしまう。そこで奈緒子が改めて金原に話を聞いていると、ツアーの一行が帰って来て、おばちゃんたち専業主婦の日頃のストレスからくるわがままが原因で、言ってしまったことだと判明する。これに支配人の俊平(鈴之助)は憤慨するが、奈緒子は俊平に、一番大事なのはお客様によき思い出を持ち帰っていただくことであり、それが「かぐらや」のおもてなしだと言い、咲子に再び同じ部屋の担当を命じる。俊平はその事で驚くが、一度客から逃げ出すと癖になるため、まさにこれが「かぐらや」流の仲居の育て方だと分かる。
 やがて大阪のおばちゃんたちの団体ツアーは、来た時以上ににぎやかに帰っていく。「かぐらや」の面々もほっとするが、奈緒子と志乃には瑠璃子の帰郷の真相を明らかにするという家族内の大問題があった。改めて志乃が圭子に電話を入れると、彼女から「瑠璃子は家出した」と告げられ...。
 そんな中、かつて瑠璃子に思いを寄せていた丈太郎(山下徹大)が瑠璃子をデートに誘う。以前は丈太郎から声をかけられてもうまくかわしていた瑠璃子だが、今回はあっさりとOKする。
 一方、瑠璃子が丈太郎と連れだって出かけたと知り、奈緒子と志乃は驚きを隠せない。そんな二人に照子(烏丸せつこ)は、瑠璃子が姑だけでなく夫との間にも何か問題を抱えているのではないか、と言い出す。

    第5週 2月3日(月)~7日(金)放送

ページ先頭へ戻る