これまでの物語

 瑠璃子(里久鳴祐果)が離婚すると言い出したのは、奈緒子(羽田美智子)の影響を受けたせいだと決めつける志乃(野際陽子)。照子(烏丸せつこ)も奈緒子に一度しっかりお灸をすえるべきだと言うが、そんな時に呉服屋から電話が入り、奈緒子が一カ月も前から女将披露で着る反物の注文をしていたことが分かる。怒り心頭の志乃は、奈緒子をぎゃふんと言わせる名案を思いつく。
 奈緒子は志乃に呼ばれ、瑠璃子が強くなったのは奈緒子のおかげだと、お礼を言われる。何が何だか分からない奈緒子に、志乃は奈緒子を神楽家の"大黒柱"だと持ち上げると、瑠璃子の離婚問題解決を託してしまう。奈緒子は断ろうとするが、反物の話を持ち出され、何も言い返せなくなってしまう。
 そんな中、瑠璃子との再婚を切望する丈太郎(山下徹大)が母親の節子(田岡美也子)とともに、「かぐらや」に現れて...。
 志乃から奈緒子への"ほめ殺し"が続き、奈緒子はプレッシャーに耐えるばかり。奈緒子は瑠璃子の離婚発言を撤回させたいが、瑠璃子から姑の志乃に何を言われても耐えて、ときには強気な発言をする奈緒子こそ嫁の見本だと言われ、弱ってしまう。
 奈緒子は、丈太郎と節子から瑠璃子との再婚話を橋渡しして欲しいと頼まれる。離婚も決まっていないのに、と憤慨する奈緒子だった。
 ところがその直後、奈緒子は瑠璃子と丈太郎が一緒に出かけ、楽しげに話している場面に遭遇してしまう。丈太郎は瑠璃子に結婚を申し込むが、隠れて話を聞いていた奈緒子は、瑠璃子が受け入れたら志乃に何を言われるかとひやひやしながら、瑠璃子の返答に耳を傾ける。しかし、瑠璃子は即答で断り、奈緒子をホッとさせる。
 奈緒子は、瑠璃子と丈太郎の一件を志乃に報告。これからも"大黒柱"として「かぐらや」で起きた問題を解決してほしい、という志乃の言葉に奈緒子はうんざりする。
 その直後、瑠璃子の夫・良樹(内田朝陽)が東京からやって来る。母の圭子(岡本麗)に別居の話をしたものの、説得は出来なかったと言う。皆当然のことと思うが、良樹は予想外のことを言い出す。

    第9週 3月3日(月)~7日(金)放送

ページ先頭へ戻る