これまでの物語

 瑠璃子(里久鳴祐果)が東京の嫁ぎ先に戻り、奈緒子(羽田美智子)も志乃(野際陽子)も一安心する。奈緒子は気持ちを新たに3週間後に迫った女将襲名に向けて踊りの稽古に励むが、襲名のお披露目での着物について奈緒子と志乃の間でもん着が再燃する。
 瑠璃子の問題が解決したのは自分の努力もある、と思う奈緒子は着物の新調を自分へのご褒美だと言う。奈緒子の考えが手に取るように分かる志乃は、瑠璃子の問題が解決したのは自分が東京に出向いた結果との思いがあるだけに、余計に奈緒子に腹を立てる。
 一方、仕事で迷惑をかけた人たちに詫びるため、全国各地を訪ね歩いている宗佑(津田寛治)だが、奈緒子に届くメールは、行った先々でお好み焼きや明石焼きなどを楽しむ写真ばかりが目立つのだった。何のために宗佑を送り出したのか、奈緒子も分からなくなる。朝食の席で宗佑の話となり、志乃はいつものように「嫁がしっかり夫の手綱を引き締めていないのが原因」と嫌味を言うが、奈緒子は堂々と「育て方が悪かったのでは」と言い返す。
 奈緒子の言い分も一理あるだけに、何も言い返せない志乃。奈緒子は姑の弱点を見つけた気分になる。
 その直後、奈緒子と志乃は、ひいきの村田(黒部進)を前に、女将襲名披露での着物について笑顔で互いをけん制し合う。そこに宗佑から奈緒子にまたメールが届き...。
 自信満々で東京の大学を受験した翔太(草川拓弥)の合格発表の日が訪れる。しかし、結果は全て不合格。そこで翔太は驚きの発言をする。かねてから金沢を出たいと言っていた翔太は、東京の大学で学ぶ間に宗佑のようにやりがいのあることを見つけたいと思っていたのだ。翔太に、失敗続きで周りに迷惑をかけっぱなしの宗佑のようになってほしくない奈緒子は、反対する志乃に同調。その際、志乃は奈緒子からちくりと嫌味を言われてしまう。
 旅館では、支配人になって張り切る俊平(鈴之助)を咲子(田中こなつ)が、頼もしく思っていることに奈緒子が気づく。俊平の恋が成就するよう、奈緒子もいろいろと気を遣うが...。

    第10週 3月10日(月)~14日(金)放送

ページ先頭へ戻る