東海テレビ

第397回 東海テレビ放送番組審議会

1.開催日

平成13年9月6日(木)

2.出席者

出席委員

角田牛夫副委員長、池田篤子委員、小澤和佳委員、北村明美委員、小中陽太郎委員、小林素文委員、多賀潤一郎委員、林哲郎委員

社側出席

飯田幸雄代表取締役副会長、石黒大山代表取締役社長、大西文一郎常務取締役、佐藤卓男常務取締役、山内公明報道制作局長、筑紫正臣スポーツ局長、南正人番組審議室長、石井仁編成局次長兼編成部長、川瀬隆司報道制作局東京制作部プロデューサー

3.議 題

  1. 「絶品づくし!松阪グルメ食べある記~宣長ゆかり 究極!食の大絵巻~」
    【7月28日(土)13時55分~14時50分放送】を審議
  2. 過去一ヶ月間の東海テレビの放送について
  3. 報告:番組に関しての意見、苦情等の概要(7・8月分)
  4. その他

4.議事の概要

1.審議番組に対して委員からは

  • 小室等が本居宣長ゆかりの史跡を訪ね、若い女性タレントがグルメ探訪と、交互にうまく構成されていて飽きずに最後まで見られた。
  • グルメ番組というとタレントが「おいしい、おいしい」を連発したり、「値段はいくらで場所はどこ」等と騒がしいものが多いが、この番組はそのようなことが少なくスマートに出来あがっていた。
  • 良い番組というと教えられることが多いもの、感動を与えるものと思いがちであるが、そればかりでは、見ているほうが疲れてしまうがこの番組からは癒しを受けた。このような番組も充実させて欲しい。
  • 歴史番組なのかグルメ番組なのか、分からなかった。もしグルメ番組とするなら視聴対象が誰なのか分かりづらかった。
  • 歴史探訪というならば松阪牛だけでなく「鈴」「木綿」も良く知られているのでそれらの紹介があっても良かったと思う。

等活発な発言がありました

3.社側から7・8月2ヶ月間に局に寄せられた視聴者からの意見、苦情等の概要を説明しました。

4.2003年に放送が開始される地上波デジタル放送のテレビ塔建設予定地が瀬戸市に決まったことを報告しました。