東海テレビ新卒採用サイト

VOICE内定者の声

2021年4月入社内定者に、
様々な質問に答えてもらいました!
マスコミに就職を目指す皆さんには、
きっと参考になるはず!?

Q1

テレビ業界を志望したのはいつ頃からですか?きっかけは?

大学2年生の秋頃からです。きっかけは、将来について考えたときに、好きなことを仕事にしたいと思ったからです。幼い頃からテレビが好きなのはもちろん、毎日変化のある社会の中でたくさんのものを見て、吸収して、発信する、色々な繋がりを味わうことのできる テレビ業界に 魅力を感じていました 。

高校生のときです。影響力のある人に直接会えることが魅力的だと思って、マスコミ関係(特にテレビ業界)に就職できたら良いなと漠然と夢見るようになりました。完全にミーハーです。テレビをよく見ていたので身近に感じていたことも大きかったと思います。

高校3年生の文化祭で、私のクラスは劇を発表しました。その際に、試行錯誤を繰り返しながらチームで何かを作り上げ、それを人々に伝えることの魅力を強く感じ、それをもっと大きな規模でやってみたいという思いからテレビ業界を志すようになりました。

本格的にテレビ業界で働きたいと思い始めたのは大学2年生の冬にテレビ局でアルバイトを始めたことがきっかけです。実際にテレビ局に身を置くと、自分の想像以上に楽しそうに自分の仕事に誇りを持って仕事をされている社員の方々をみて、自分もこういう職場で働きたいと思うようになりました。

Q2

入社する会社として東海テレビを選んだ決め手、理由は?

東海テレビがYouTubeにあげている「見えない障害と生きる。」という見た目では分からない障害を持つ人やLGBTの人達を取り扱ったCMを観たことです。私は神奈川県育ちであったため、それまで名古屋で就職するという選択肢は考えていませんでした。

私には地元である東海地方を盛り上げたいという思いがあります。東海テレビは自社制作番組が多く、地元に根を張りながら全国にも東海地方の魅力を伝えることができると思ったためです。

「少数精鋭」な規模感と数々のドキュメンタリー番組をはじめとする高い番組制作力。東海テレビでなら、自分の仕事に誇りを持って働けると思ったから。

やはり一番の決め手は、人です。私は就活において一緒に働く人というのをかなり重点的に考えていました。実際にインターンや選考を通して出会った方々は皆さんとても素敵な方々で、一緒に働きたい!と思えたからです。

Q3

採用試験の時、 ES ・ 面接で心がけたことは?

自分がどう働いているのかをイメージしていました。具体的な仕事内容であったり、どういった部署があるのかを知ることで、より文章や会話にリアリティを持たせたつもりです。

ESは「自分にしか書けない内容」というのを主に意識していました。誰でも書ける文章では埋もれてしまうと思い、自分にしかないエピソードを一つ深掘りして書くようにしていました。また面接では、面接官と会話するように喋ることを大切にしていました。面接官の人の反応をきちんと見て、質問に対して短く話すところと長く話すところを分けて話すようにしていたら、会話が弾むようになり面接もうまくいきました。

ESはとにかく一文を短くして文章を簡潔に、読みやすくなるように意識しました。東海テレビのESは指定字数が少ないので、かなり推敲したのを覚えています。面接も、「必要最低限の返答」を徹底して意識していました。長々と喋るのではなく、会話のキャッチボールを常に心がけました。

Q4

就職活動で得たものは?

自分が今までの人生で何をしてきたのかを振り返ることができたことです。自己肯定感が弱く何もしてこなかったと後悔から就活がスタートしたのですがいろいろな人に教えてもらって「こんな自分でも!」と思えることが増えました。

就活の経験は、今後の自分に大きな活力をくれると思います。正直、就活は考えている何十倍も大変です。特にテレビ業界は、インターンなどが始まるのも早いので長期戦になり、ゴールが中々見えずメンタル的にも辛かったです。だからこそ、この先自分に試練があった時に、就活で自分が作った対策ノート達を見れば「就活だって乗り越えられたから大丈夫だ!」とこれから先の活力に絶対になってくれると思います。名古屋に引っ越す際も、このノート達を一緒に持って行こうと決めています!!

自己分析などを通して自分の長所や短所をあぶり出し、自己を見つめ直しました。他人から見られている自分を客観的に想像しやすくなり、どのように自分をアピールすれば相手に伝わりやすくなるかを学べました。

Q5

就活生のみなさんへ

就職活動は本当に縁だと思いました。同じ質問に同じ回答をしても選考が通らない会社、通る会社があり、正解がありません。就職活動は大変だと思いますが、自分を強くもって頑張ってください!

就活で一番大切なのは「自分を信じること」だと思います。就活をしていると中々ESが通らなくて落ち込んだり、周りと比べてしまうことが多いと思います。私も就活が上手くいかず、むしろ周りより試験も先に進んでいなかった方だと思います。ですがこの言葉をかけて貰ってからマイナスなことを考えず、自分を信じて就活に取り組むようになりました。内定が出るのが早かったから良いというわけではなく、自分と合う会社に出会えることが大切だと思います。「自分を信じて」皆さんも頑張って下さい。応援しています!

全てが上手くいくことは滅多にないので、思い通りに進まなくても切り替えていきましょう。新卒の就職活動は人生一度きり!就活を終えたとき、満足できるように今できることを1つずつ頑張ってください。

自分自身と真剣に向き合わなければいけない分辛いことも多いと思います。
壁にぶつかった時はとことん周りの人に頼ってください。皆さんが笑顔で就職活動を終えられるよう応援してます!

「準備こそ全て」ESは沢山の企業に出して通る時の特徴分析を本番までに仕上げる。面接はコロナ禍でリモート面接が多いので、友達とzoomを通して見え方などを研究し合う。本番で実力が出せないことほど悔しいものはないので悔いが残らないように準備を万全にして頑張ってください。

採用サイト TOPへ