「いさみ酒造」に働きに来た蔵人(くらびと)の一人。仕事熱心で実直な性格。透き通るような眼差しが心を奪う。桜子の母である秀ふじに、実の子のように育てられた。