北島奈津(19)
かでなれおん

 良介のガールフレンド。画家志望。高校を中退し、バイトと援助交際で一人暮らしをしていく現代っ子。お坊ちゃん育ちの良介を翻弄し、浅倉家の虚像をいち早く見抜いて唾棄する。幼い頃に父親にレイプされ、母親は助けるどころか「お前が誘惑したのか」と虐待をうけた。自分の母親に求めていた愛情を良介に対する智子の言動に感じているが、智子からは非行な女として嫌われる。