スタイルプラストップページ
トップへ戻る
 
 
4月8日(日)の放送内容
(今回のゲスト: ブラザートムさん、川上麻衣子さん、北村森さん(日経トレンディ編集長)
「今どきの遺言事情」
誰もが一度は意識する、自分自身の死。少子化と核家族化が進む今の日本で、“遺言”が注目を集めています。遺産相続は複雑、残される大切な人がトラブルに巻き込まれないよう、事前の準備が必要不可欠です。今週は、死後の唯一の意思表示とも言える「遺言」の知識や最新事情!
東海仕事人列伝 「“コロコロ”開発秘話」
粘着テープを利用した、手軽な掃除道具“コロコロ”。いまや日本の家庭での普及率約60%を誇るコロコロは、実は東海地方で生まれた商品だったのです。販売にいたるには様々な苦難の道のりがあったという便利生活用品の開発秘話をお伝えします!
「旬の味“山菜”を食べて春を感じよう!」
地元の名人に教わる山菜レシピ!つくし・ユキノシタ・フキノトウをおいしく食べる方法を教えます!
 
今さら聞けない? 遺言の基礎知識
 
最近ひそかに増えているものがある。それは、「遺言」。
遺言は高所得者だけのものではなく、様々な時代背景に後押しされて、
額の大小に関わらず、かつて無く遺産への期待がたかまっているんです。

「遺言」徹底紹介!!
今回は、意外にわかっていない遺言の書き方や、遺産相続を巡る
トラブル防止法、これだけは知っておきたい遺言の基礎知識を
スタジオに弁護士の先生をお迎えして、遺言について徹底検証します!!

啓明総合法律事務所
遺言の書き方

詳細情報を見る

東海偉人列伝 「コロコロ」開発者

 
あのコロコロはある偶然から生まれた
コロコロが生まれた経緯とそこにたどり着くまでの開発者の苦労


どこの家庭にもあって、誰でも知っている掃除道具「コロコロ」。
じつはコロコロは愛知県豊橋市で生まれたんです。
開発したのは日東電工の関連テープメーカーのニトムズ。
プロジェクトチームの一員だった鈴木さんは今では唯一の開発の生き証人です。

もともと工業用テープの開発をしていたのが、会社の指令で家庭用品のプロジェクトチームに抜擢。
もともとあった粘着テープの技術を使った商品をいろいろ開発したものの
なかなかヒット商品が出せない中、「ゴキ逮捕」というゴキブリ取り器を世に出します。
会社は社運をかけて発売しますが、大失敗し億単位の損失を出してしまいます。

そんなある日、ガムテープをひっくり返して服のホコリ取りをしている女子社員の姿を見て
粘着テープを使った掃除道具の開発を思いつきます。
しかし前作の失敗で開発予算が無く、試作用の機械も廃材を使って手作りする始末。
でも手作り機械には限界がありました。
テープの命ともいうべき粘着剤(糊)に手作りの機会ではごみが入ってスジが出来てしまい、きれいに付けられなかったのです。

悩み続けた鈴木さんは、逆転の発想で乗り切ります。
スジが付いてしまうなら、スジを利用した粘着面にしてしまえ!
このスジ塗り粘着面の発明で、コロコロは今まで世の中のどこにも無かった商品になりました。
スムーズな動き、ごみ取り性能アップ、カーペットの生地を傷めにくい、クッション性を得られるなどメリットが満載だったのです。

前作の大失敗と、それ乗り越えるための苦労…
失敗を糧にしての大きな飛躍を成し遂げた姿を追います。



ニトムズ
日東電工の関連テープメーカー
旬の味“山菜”を食べて春を感じよう!
 

地元の名人に教わる山菜レシピ!

春の山菜採りツアー 『春の山菜in明宝』
【とき】 5月12・13・19・20日
【場所】 岐阜県郡上市明宝
【料金】 大人3500円 子供2500円(要予約)
【問い合わせ先】 「もりっこはうす」 TEL:0575−87−0030
 
東海テレビホームページ