スタイルプラストップページ
トップへ戻る
 
 
9月16日(日)の放送内容
 
(今回のゲスト:辰巳琢郎さん、麻木久仁子さん)

特集1 「知られざるセントレア!テレビ初公開の舞台裏!」
広大な敷地を持つセントレア。しかしほとんどのエリアが関係者以外立ち入り禁止の地区。今回はその地区へ大潜入!圧巻の飛行機の離着陸や、気になる手荷物の行方など、テレビ初公開の映像が続々登場します!

特集2 「セントレアおすすめグルメ!」
空港としてだけでなく、観光スポットとしても人気のセントレア。今回は数ある飲食店の中でも特におススメ、「飛行機が見える店」を大特集!機影を眺めながら、優雅に食事をする…空港ならではの贅沢を提案します!

「足助の駐在さん」
若いころ、刑事として最前線で活躍していた一人の警察官。定年間際に彼が選んだ道は、田舎の町で住民と触れ合う「交番」の仕事だった!かつて「まむし」と呼ばれた凄腕刑事の、警察人生最後に賭ける熱い思いを追い ました!
 
特集1  セントレアの裏側
 

東海地方の空の玄関口といわれる「セントレア」を徹底取材!

セントレアの全面協力を受け、徹底取材!開港2年半を迎えたセントレア、まだまだテレビ初公開の場所がたくさんあった!
滑走路の周囲には、広大な芝が!実はこれ、オーバーランなどの非常事態に備える緩衝材としての役割があるのだ。
さらに夜になると一直線に光る「進入灯」は着陸する飛行機を滑走路に誘導する、安全のためには欠かせない施設。テレビ初、進入灯を歩く!
滑走路付近で双眼鏡と銃を持つ人達、彼らが行っているのは、鳥を追い払う「バードパトロール」。
飛行機の離着陸の際、海鳥が飛んでいると視界の妨げとなるなど非常に危険。
彼らは、鳥を傷つけないよう追い払い、飛行機の安全を守っている。
また乗客乗員を乗せ、飛行機が離陸の準備をする場所「エプロン」は、常に時間との闘い。着陸後、すぐに次のフライトの準備にかからなければならない。手際よく進められていく出発までの流れをテレビ初取材!
そして、預けた荷物はどのようにして飛行機へ?
テレビ初公開!荷物が機内に運ばれるまでを追跡。預けた後は全て自動で機体へ到着!

week01
week02
week03

特集2 セントレア特集〜水際で安全を守る男達〜
 

空の玄関セントレアで不正入国や密輸入など、我が国を水際で守る人たちの裏側を紹介!!海外から日本に入ってくる、人・物・動植物などが、悪影響がないかどうかを審査し、我々の安全や生活を脅かす危険を水際で阻止する機関、それがCIQ。
このCIQの活動を、国際線到着便の特に多い2時間に注目し、その活動を追った!!

検疫・Quarantine
午前8時、海外から一台の飛行機が到着。CIQの活動はここから始まる。
乗客は飛行機から降りるとまず、検疫を受けなければならない。
検疫とは、日本国内に存在しない感染症の病原体や、害虫などの侵入を未然に防止するためのシステム。
大規模な空港では最新のサーモグラフィシステムを導入、感染症など発熱している人を瞬時に判断。
異常が検知されると医師による問診を受けることになる。
またよく耳にする輸入食品の安全問題、これを守るのも重要な仕事の一つ。
残留農薬などが含まれていないか、荷物からランダムにサンプルを採取し、検査を行う。

入管・Immigration
取材中に偽造パスポートが発見されたという知らせが入り、偽変造文書対策室に駆けつけるとそこではすでに鑑定作業が行われていた。今回発見されたのはエストニアの偽造パスポート。この偽造パスポートを見抜いて摘発したのは「入管」。
不法入国の主な手口は偽造パスポート。入国者全員のものを全て鑑定するわけにはいかないので、審査官の目が重要となる。
不審な人物と判断されると入国許可の判が押されることなく、パスポートは偽変造文書対策室の鑑定へ。
また、今年11月からは、入国する全ての外国人に、生体認証システムを導入、今後の犯罪防止に役立てられる。

税関・Customs
入国審査をパスした人間は、次に税関に向かう。
税関では、手荷物が免税範囲であるか、そして偽ブランド品の持込や麻薬などの密輸入がないか、目を光らせる。多くの人は見たことがあるだろう水際の番人ならぬ番犬、麻薬探知犬。このセントレアの敷地内に、麻薬探知犬の訓練所があり、薬物の密輸入を防止している。

 
tokushu01
tokushu02
tokushu03

セントレアにきたならここで食え!
 
セントレアならではのお食事処をご紹介!!飛行機を見ながら食事が出来るお店の一番飛行機がよく見えるベストビューシートもお教えします。

ダイニングレストラン かめりあ

地元の食材をふんだんに使った和洋食が楽しめると評判のお店。こちらのおすすめメニューは、季節の小鉢が楽しい「かめりあ弁当」。旬の素材をふんだんに使った、彩り鮮やかな料理は、外国人にも人気。

詳細情報を見る

花ごよみ

活魚料理 まるは食堂

毎朝市場から仕入れた新鮮な魚介類が自慢の「まるは食堂」。一番人気は、20センチ級の特大エビフライが2本ついた「まるは定食」。お刺身、ご飯、お味噌汁までついて1,380円とリーズナブルなお値段も人気の秘密。

詳細情報を見る

うさぎとかめ

DECANTARE AEROPORTO(デカンターレ・アエロポルト)

本格イタリアンをカジュアルに楽しめると評判のお店。店内に設置された石窯で焼くモッチモチのナポリタンピザが人気。この時期にオススメなのが、秋の彩り具だくさん茸のピッツァ。

詳細情報を見る

プランタン

海上楼(ハイシャンロウ)

今年の4月にオープンしたお店。中国四大料理のバランスよく取り入れた本格中華は、幅広いメニューが楽しめる。おすすめは、「THE海鮮」。その名の通り、海の幸を贅沢に使ったコース。メインは、フカヒレ。極上中華をカジュアルに利用できる。さらに、この秋限定の「レディースコース」は、前菜からデザートまで全8品。まさに女性にうれしいコースです。

詳細情報を見る

プランタン

ALICE DINING(アリスダイニング)

セントレアでダントツの飛行機ベストビューシートをもつお店。旅客ターミナルの一番先っちょ位置する。お店は滑走路までの距離なんと300m、日本で一番滑走路に近いレストランなんです。VIPルームに入れば、今までに見たことないような景色を独り占め。肝心なお料理は、それぞれ数種類のメニューの中から選べるディナーコースがオススメです。セミオーダー感覚で好きなものをチョイスできるのがうれしい!!

詳細情報を見る

 

町を守る駐在さん 
 

静かな町の駐在さん〜定年間近のヒーロー〜

長野県と岐阜県に接する豊田市夏焼町。ここにあるただ一つの駐在所にはベテラン警察官がいる。佐合猛警部補。警察官としては40年のベテランなのだが、駐在所勤務はまだ4年と新人である。
ここに赴任する前は、名古屋で刑事をしていた。
それも捜査四課、暴力団捜査専門である。
55歳の時、最後は警察の原点である「駐在所勤務」を希望し、念願かなってこの地にやってきたのである。
正反対の環境に最初は戸惑った。何よりも言葉遣い。
今までヤクザ相手に話していたものだから、言葉も荒い。しかしここでは子供やお年寄りが相手、どう話して良いのか不安になったが、そこは心配無用、この町に人はみんな温かくていい人ばかり、馴染むのに時間はかからなかった。
人とのふれあいを楽しむ佐合さん。今では数多くの趣味を持ち、その仲間たちの中心人物だ。稲武蛍保存会、城ヶ山を守る会、手作りランプシェードの会等々休む暇がないほど。
佐合さんが今一番気がかりなのが子供の数が年々減り、町に活気がなくなってきたこと。子供たちとのふれあいも大切にし、元気に走り回れる環境を作るよう力を注いでいる。
定年後は?という問いに、「ここに骨を埋めるつもり」と即答だった。

life01
life02
life03

 

 
東海テレビホームページ