スタイルプラストップページ
今回の放送
トップへ戻る
 
 
10月21日(日)の放送内容
 
(今回のゲスト:高木美保さん、兵藤ゆきさん、山本益博さん(料理評論家)

特集1 「大須商店街の元気の秘密!」
名古屋を代表する商店街・大須。通りには常に人があふれ活気に満ちた大須は、新旧が融合した魅力たっぷりの街なのです!大須でしか手に入らない逸品にマニアックな店まで、大須のすべてをご紹介します!

特集2  「コメ兵人気の秘密!」
「いらんものはコメ兵に売ろう!」…名古屋の人に長く愛されてきた、ご存知・コメ兵。実は古着屋からはじまり、大須の歴史とともに成長してきた企業なのです!そんなコメ兵の成功の秘訣に迫ります!

「数々の名勝負を陰で支える…岐阜・養老町のバット職人」
野球選手の魂とも言える「バット」。そのバット作りに情熱を傾ける男が岐阜県養老町にいた!選手の打撃に対するこだわりを忠実に再現し、わずかな握りの違いにもこだわる男の熱い思いに迫ります!
 
特集1  大須商店街の元気な秘密!
 

いつも多くの人で混み合う大須。その人気の秘密を徹底解剖します!

元気な理由 その1『祭り』
今、この時期の祭りと言えば、大道町人祭。手作りで作られる祭の裏側を
追いながら、祭りが大須にとってどういう役割があるのか?を密着取材します。

元気な理由 その2『新旧ごちゃまぜ』 
大須の商店街をみると老舗と若者向けの店が隣あってる所が多い!
そもそも大須はどうやって誕生したのか?

元気な理由 その3『デパートにない商品がある』
大須にはマニアックな店が多い。なんでそういう店がやっていけるのか?

知ってるようで知らない大須のお店や、歴史を合わせて紹介します。

01
02
03

まからんや

創業90年の老舗、肌着専門店『まからんや』

詳細情報を見る

手衣迦(ティッカ)

アジアン雑貨のお店

詳細情報を見る

ainroots

アナログカメラの専門店

詳細情報を見る

今日実(きょうみ)

アンティーク着物のレンタル・販売

詳細情報を見る

特集2 大須の生んだ「コメ兵」
 

コメ兵の歴史、買取の裏側に迫りました。
インパクトのある懐かしいあのCMのエピソードも!!

「コメ兵」が元気な秘密

大須の街でひときわ目立つ「コメ兵」は、今年で創業60年。
デパートのようなきれいな売り場には、宝石、時計、ブランドバッグから衣類、カメラ、パソコン、楽器と、あらゆるものがそろいます。

昭和22年、赤門交差点近くに「米兵衣服店」を創業。
最初は売り場面積わずか5坪の小さな古着店でした。

「高く買って安く売る」をモットーに成長し、売り場以外に独立した買い取りセンターを設け、 今では大須だけで6店舗、東京、大阪にも出店し、計13店舗を展開。

会社が大きくなった今でも大須商店街の一員であることにこだわっています。


01
02
03
コメ兵

詳細情報を見る

 

プロ野球選手の活躍を影で支えるバット職人 名和民夫(40)
 

バット職人

今年も熱戦が繰り広げられたプロ野球。一流の選手たちの使うバットが岐阜県養老町で作られていた。
ミズノテクニクス株式会社。スポーツ用品メーカーミズノのバット工場がある。
ここでは大リーグのマリナーズイチロー選手やヤンキースの松井秀喜のバットをはじめ、
国内外の選手約200人のバットを作っている。その現場で指揮をとるのがバット職人名和民夫(40)。
中日の井端や荒木選手のバットも手がけている。バット作りは削りが8で材料選びなど削る前にすることが8という。
選手と共に作ったサンプルバットを元に、0コンマ1ミリの単位で、寸分の狂いなく削り上げる名和の技は見事。
多くの一流選手から信頼を得ている彼のバット職人人生に迫る。

01
02
03

 

ミズノテクニクス株式会社

スポーツ用品メーカーミズノのバット工場

詳細情報を見る

 
東海テレビホームページ