スタイルプラストップページ
トップへ戻る
 
 
12月2日(日)の放送内容
 
(今回のゲスト:保阪尚希さん、田中律子さん)

特集1 「飼育員が選んだ、この冬一押しの見所!」
冬の水族館は混雑がなくゆっくり楽しむチャンス!ということで、名古屋港水族館の飼育員に、この冬の見所を聞きました!まるで海に振る雪のような魚や愛くるしいペンギンの赤ちゃんなど、こだわりの楽しみ方をご紹介!


「救命救急最後の砦!ドクターヘリ!」
時を選ばず我々に襲いかかる事故や災害!僻地での救助に大活躍するのが、「空飛ぶ集中治療室」とも呼ばれるドクターヘリなのです。その緊迫の現場に密着、命を救う最前線で活躍する人たちの姿を追いました!
 
特集1  名古屋港水族館この冬の見所 一挙紹介
 

飼育員がオススメの意外と知らない名古屋港水族館の生物紹介

この冬オススメ 名古屋港水族館へ行ったらコレを見ろ!ベスト5

名古屋港水族館はこの夏日本一賑わった水族館です。
しかし、生物をユックリ見るならこの冬の時期が最高。
そこで番組では水族館の飼育員の皆さんにアンケートを実施。
一般の人があまり知らない水族館の見所を聞いちゃいました。
シャチ、イルカ、ペンギンの意外と知らなかった秘密はモチロン、 貴重なベルーガの出産シーン、さらにはこの冬から見られるようになった 思わず息をのむ超絶景もご紹介します。

01
02
03
 
ペンギンの新人飼育員に密着
 

今、ペンギンは出産ラッシュ!
産まれたばかりの赤ちゃんペンギンとその新人飼育員の1日に密着しました。

現在、名古屋港水族館では、
4種類(エンペラーペンギン、ジェンツーペンギン、アデリーペンギン、ヒゲペンギン)130羽以上のペンギンが飼育されています。
今はエンペラーペンギンをのぞく、3種類のペンギンの出産ラッシュ!
ペンギンのふるさと・南極は南半球にあるため、 今は初夏にあたり、新しい命が生まれる季節なのです。
今年、名古屋港水族館には40個の卵が産まれ、 卵を温める姿や赤ちゃんペンギンを見ることができます。

130羽以上のペンギンの世話をするのは、8人のスタッフ。
中でも、忙しく世話に追われているのが、 材津陽介さん、24才。
今年の春、名古屋港水族館に入社し、ペンギン担当となった新人飼育員です。
悪戦苦闘の毎日ですが 「目標はエンペラーペンギンのヒナを見られるようにがんばること」と語ってくれました。

愛くるしいペンギンたち。
その姿の陰には、 健気に世話をする新人飼育員の姿がありました。


01
02
03

名古屋港水族館

詳細情報を見る


空飛ぶ救命室 密着!ドクターヘリ
 

救命医療の切り札となるドクターヘリの活動を密着取材

東海仕事人列伝、今回は一刻を争う救命現場の最前線で活躍する「空飛ぶ集中治療室 」ドクターヘリとその医療チームに密着した。
全国11県12機が配備されているドクターヘリ。
愛知県には唯一、長久手町の愛知医科大学病院で運行されており、 経験豊かな医師、看護師、パイロット、整備士がチームを組み、 朝9時から日没まで、年中無休で出動要請を待つ。
年間の出動回数は、400回を越える。
ドクターヘリの特徴は、医師と看護師を現場まで運ぶため、現場で直ちに診断・治療を開始できるので、命を救う確率が格段に高まること。特に、救急車が容易にたどり着けない山間部や離島などの医療僻地での一刻を争う救急活動で、 ドクターヘリは、なくてはならない存在となっている。
取材中にも三河山間部、新城市で脳梗塞の疑いのある患者の救命要請が入った。
その救命活動の様子を密着取材した。

01
02
03

愛知医科大学病院

愛知県唯一のドクターヘリチームのある病院

詳細情報を見る

 

 
東海テレビホームページ