スタイルプラストップページ
トップへ戻る
 
 
12月23日(日)の放送内容
 
(今回のゲスト:由美かおるさん、山本耕史さん、山本益博さん(料理評論家))

特集1  「知られざる名古屋駅の秘密!」
東海地方の交通の要・名古屋駅。みなさん日頃は通勤・通学などで何気なく利用するだけでは?実はその裏側には、驚きの設備や多くの人の力があったのです!24時間眠らない名古屋駅の秘密を徹底紹介します!


特集2 「検証!新幹線ホームのきしめん!」
名古屋駅の新幹線ホームにある、立ち食いのきしめん専門店!多い日には一日1500杯も売れ、芸能人にもファンが多いグルメスポット!たかが立ち食いと侮るなかれ、立ち食いの常識を超えたきしめん店のこだわりとは?

「山本益博流!フランス料理の楽しみ方!」
今回は山本益博さんにフランス料理の楽しみ方を教えていただきます!舞台は、名古屋・栄の松坂屋にある、あの三ツ星レストラン!世界に名だたるシェフが作る絶品フレンチの正しい味わい方とは…?必見です!
 
特集1  名古屋駅の裏側
 

JR東海全面協力 名古屋駅の裏側一挙公開

名古屋駅駅長自ら案内人となって名古屋駅の裏側を紹介!
JR東海全面協力のもと、案内役に名古屋駅駅長を迎え、 今までテレビに出ることがなかったJR名古屋駅の裏側を一挙に紹介します。

● 知られざる名古屋駅 1 <切符売場の裏側>
誰もが1度は使ったことがある切符売場。実際に裏側に潜入

駅員が何気に切符を発券している機械を「マルス」という。
名古屋駅では1人のお客に対して90秒で行うようにしている。
また、マルス昇給試験なるものまで存在し、ランク付けされ駅員たちの向上心をあおっている。

●知られざる名古屋駅 2  <深夜の名古屋駅>
終電が終わった後のコンコースで何が行われているか知っていますか?

0時58分 最終電車がJR名古屋から出発すると駅からお客の声はなくなるがまだ眠らない。
ポスターの張り替え、そうじだけでなく、昼間にはできない工事をやるなど様々な人達が作業をしている。

●謎の9番ホーム
名古屋駅には実は9番ホームがない。

JR名古屋駅には、17番ホームまであるが9番ホームが存在しない。
実はホームは番線(線路)に応じてつけられるため、9番線は存在するが貨物列車用の番線のため、ホームがいらない。

●名古屋駅には地下0階がある。
JR名古屋駅には、地下0階が存在する

地上1階はコンコース。地下一階はファッション街。何処を見回しても地下0階は見当たらない。
実は地下0階というのは排水管や配電線が通る場所だった。

01
02
03
01
02
03
特集2 名古屋駅のきしめん おいしさの秘密
 

誰でも一度は目にしたことがあるはず! 名古屋駅ホームのきしめんのお店。
地元の人はもちろん、東京や大阪からの出張族からも人気があります。
おいしさの秘密はこだわりにありました。

名古屋駅ホームのきしめん

「住よし」がJRの在来線のホームにできたのは、昭和36年。
新幹線のホームには昭和58年に登場しました。 
今は駅構内に名前の違う店も含めて9軒の立ち食い麺の店を展開。
在来線ホームの店舗ではそばも出していますが、新幹線のホームでは、きしめんだけで勝負です。
きしめんだけで25種類ものメニューがある「住よし」。

人気のメニューベストファイブをご紹介!
  第5位 ちょっとリッチに 牛肉玉入り
  第4位 名古屋と言えば えび天入り
  第3位 立ち食いの王道 たまご入り
  第2位 シンプルイズベスト きしめん
  そして堂々の第1位
  揚げたての旨さ かき揚げ入りきしめん

おいしさの秘密その1「だし」
ムロアジ、サバ、ソウダガツオをブレンドしたオリジナルのだしを店でとっています。
実は、駅の立ち食いの世界では、店でだしをとるのは少数派。
だしに加える「かえし」も特注品!この組み合わせが味のポイントなんです。

おいしさの秘密その2 「麺」
立ち食いではすぐ温まるように「ゆでめん」を使うお店が多い中、おいしいということで冷凍麺を使っています。
さらに、この麺も既製品ではなく舌触りやのど越しのよさを追求した住よし専用の特注麺なのです。

おいしさの秘密その3 「トッピング」
人気ランキングで第1位のかきあげも店でちゃんと揚げているのです。
新幹線ホームには揚げる場所がないため在来線ホームの店で揚げたものを1日に何回も揚げて運んでいるのです。
在来線の店ではいつも揚げたてを食べることができます。

こだわりがつまったきしめん。
名古屋駅を利用する時にはホームのきしめんは外せません!


01
02
03

名代きしめん 住よし

名古屋駅の在来線には12・13番線以外の全てのホームに 新幹線ホームと同じ「住よし」があります。


山本益博流 高級フランス料理店の楽しみ方
 

世界最高峰のフランス料理店「ロブション」が松坂屋本店にあるということで、
料理評論家の山本益博がフランス料理の楽しみ方を教えます。

世界最高級のフランス料理が名古屋で味わえる!

最高級のフランス料理が味わえる店“ラターブルドゥジョエルロブション”
フランスの天才料理人“ロブション”が手がける店。
パリに本店があるこのお店が、名古屋中区栄にある松坂屋本店にできた。
今年11月に発売され話題になった、「ミシュランガイド東京版」でも
ロブション氏が手がける東京・恵比寿の店が三ツ星を獲得したのである。
服装から座る場所、メニューの選び方まで益博流の格言を聞いた。

こちらのは気軽に楽しむことができる、カジュアルフレンチのお店。
今回はクリスマスディナーコースの、「益博流!高級フランス料理の楽しみ方」をご紹介!

eat1
eat2
eat3

 

LA TABLE de joel Robuchon(ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション)


詳細情報を見る

 
東海テレビホームページ