スタイルプラストップページ
トップへ戻る
 
 
2月17日(日)の放送内容
 
(今回のゲスト:加藤茶さん、麻木久仁子さん)

特集1  知られざる夜のセントレア!」
24時間離着陸が可能なセントレアは、夜中も忙しく活動しているのです。その主役は貨物機ですが、今回機内に特別に潜入!そこには普通の旅客機とは違う驚きの工夫が!さらに夜ならではの絶景ポイントもご紹介!


特集2 「空港の安全を守れ! 陸のパイロットに完全密着」
多くの人が働く空港。中でも地上から機中のパイロットに様々な情報を送る『ディスパッチャー』と呼ばれる人たちは、『陸のパイロット』と呼ばれる重要な仕事なのです!空港の安全を守る彼らの仕事に完全密着しました!

「一文字に魂をこめる、のぼり職人!」
大相撲に欠かせない、力士の名前を書いた色鮮やかな「のぼり」。本場所で使用されるのぼりの実に7割は、岐阜市ののぼり職人が手がけているのです!一文字一文字に魂をこめる職人に密着しました!

 
特集1  開港3周年!セントレア特集
 

24時間空港として機能するセントレアに密着。
最終旅客便が出発した後、セントレアの安全運行を陰で支える仕事を紹介。

眠らない空港セントレア24時間に密着

24時間空港として機能するセントレアの裏側に迫る。
あまり知られていない夜のセントレアの様子の紹介や飛行機の安全運航を陰で支える仕事に密着。
最終旅客便が出発した後、セントレアではどのような作業が行われているのか・・・!?

01
02
03

中部国際空港

中部の空の玄関セントレアに密着

詳細情報を見る


特集2 密着!地上のパイロット
 

旅客機を運航する際、天気・重量・乗客数など考慮し、航路・高度など飛行計画 を決める「運航支援者」と呼ばれる地上勤務の人がいる。
彼らは、離陸前から 目的地での着地まで、地上から運航を支える「もうひとりのパイロット」
日本航空の運航支援者:廣瀬純子さんに密着!その知られざる仕事ぶりを伝える。

空の安全を陰で支える26歳の女性を追った!

1日におよそ400ものフライトがある日本航空。
東京の品川にある本社には、それら全てのフライトに「飛行計画」を立てる『ディスパッチャー』と呼ばれるスタッフがいる。
彼らが立てた飛行計画は各空港に毎朝送られ、そのデータを元に、場合によっては個々の運航支援者流の計画を加え、パイロットに伝える。
それが彼女の仕事、運航支援者である。
個々の運航支援者流の計画とは、更に詳しいローカルな気象情報、荷物の量、 乗客の急な増減はないかなど、東京本社では分かりにくい情報を加味したもの。

本社のディスパッチャーから送られてきた飛行計画を、各空港の運航支援者が
▼刻々と変わるローカル気象情報を見て航路を決定する
▼最終的な乗客数・貨物量などを確認し燃料量を決定する
▼貨客の重量バランスを考え座席配分・貨物配分を決定する
こうして決定した最終飛行計画を、機長に確認、承認してもらい 離陸する。

離陸後も、コックピットとやり取りを続ける。
無事に着陸し1フライトの仕事が終了する。
運航支援者が立てた飛行計画の最終決定権は機長にある。
従って、自らの 計画を機長に確認・承諾してもらうのが仕事。


01
02
03
特集3 空港関係者が教える穴場のお店
 

セントレアで働く職員だから知っている、オススメの穴場のお店を一挙紹介!


01
02
03

とうふや 豆蔵

お豆腐や豆乳、おからを使ったユニークなお菓子やおすしなどが楽しめ、
お昼になると豆腐を使ったどんぶりもののお弁当もたくさん並ぶお店。

詳細情報を見る

ロイヤルフードコート  エアーポートオアシス

163席のフードコートタイプのレストランで、メニューは幅広い。空港スタッフに「社員食堂」と呼ばれているお店。

詳細情報を見る

クイーン・アリスアクア

ビュッフェスタイルのカジュアルレストラン。お昼のランチはいつも行列。
夜は、比較的穴場!他の店より高台になっていて、スカイデッキが一番きれいに見えるお店。

詳細情報を見る

かしき料理 日間賀観光ホテル

日間賀島名物の、たこやふぐを使った料理が楽しめるお店。 

詳細情報を見る


この道50年 魂を込めて心で文字を書くのぼり職人
 

相撲のぼりの約7割を作っている、岐阜の老舗旗店の職人を取材

大相撲の雰囲気を盛り上げる相撲のぼり。
実は本場所で使われる約7割ののぼりは、岐阜市にある老舗の旗店で作られている。
吉田旗店。創業明治5年、130年続く老舗で、のぼりや旗、のれん、はんてんなどの布製品を作っている。
その店の5代目が現在会長を務める吉田稔さん(68)。 この道50年、ベテランのぼり職人の吉田さんは徹底して手作りにこだわる。
中でも吉田さんでなければできない仕事が、のぼりに文字を入れる作業。書道師範の腕前の吉田さんは、下書きなしに迫力ある文字を書く。
その他にも染色、乾燥、仕上げまで、徹底して手書きや手染めといった手作りにこだわる吉田さんの仕事ぶりに密着した。

01
02
03

(株)吉田旗店

130年続く老舗旗店と、5代目会長の吉田稔さんを取材

詳細情報を見る


 
東海テレビホームページ