スタイルプラストップページ
トップへ戻る
 
 
2月24日(日)の放送内容
 
(今回のゲスト:柳沢慎吾さん、小沢真珠さん、岩中祥史さん(県民性評論家))

特集1  「名古屋の結婚式は派手!?」
『名古屋の結婚式は派手だ』というイメージを持っている人は多い。 そのイメージはどこから来ているのか? そして本当に派手なのか?

特集2  「知っておくとうれしい名古屋のふしぎ」
名古屋人にはすっかりお馴染みのナナちゃん人形と、妙に広い名古屋の道の謎に迫る!


特集3 「なんでも貸すのか?近藤産興の裏側!」
「何でも貸します」のCMでお馴染みの近藤産興は、本当に何でも貸してもらえるの?本社を直撃すると倉庫にはありとあらゆる商品が!「作ってでも貸す」をモットーに、日本一のリース会社に成長した近藤産興の裏側とは…?

「天日干しにこだわる、そうめん職人!」
夏の風物詩・そうめんは、実は冬のこの時期に製造されています。三重県鈴鹿市に、店頭にほとんど並ばない「幻のそうめん」を作り上げる職人が!伝統的な製法を守り、五感を頼りにそうめん作りに没頭する職人に迫る!

 
特集1  名古屋の結婚式は派手!?
 

『名古屋の結婚式は派手だ』というイメージを持っている人は多い。
そのイメージはどこから来ているのか? そして本当に派手なのか?

多くの人々に派手だと思われている名古屋の結婚式。
東京と大阪で印象を聞いてみた。
やはり、名古屋の結婚式は派手だと感じているようだ。
そこで、地元・名古屋でも聞いてみた。
その結果、名古屋の人は名古屋の結婚式を特別派手だとは思っていないようだ。
では、なぜ、派手なイメージがあるのか? それは・・・ドラマ『名古屋嫁入り物語』の影響が大きいという。
その中でも『菓子まき』『結納』『婚礼トラック』の3つが象徴的。
この3つのルーツや現状を探ってみた。

菓子問屋 たつや商店

昔なつかしい駄菓子から、今のお菓子まで、豊富な品揃え。

詳細情報を見る

岩田結納店

創業200年の歴史ある結納店『岩田結納店』

詳細情報を見る

大塚家具 名古屋星崎ショールーム

居心地のいい空間をご提案『IDC大塚家具』

詳細情報を見る

ルージュ:ブラン

ここから始まる、おふたりの幸せな物語。

詳細情報を見る


特集2 知っておくとうれしい名古屋のふしぎ(ナナちゃん・道路の広さ)
 

名古屋人にはすっかりお馴染みのナナちゃん人形と、妙に広い名古屋の道の謎に迫る!

ナナちゃん人形&100m道路

名鉄百貨店の前に立つ、皆さんお馴染みのナナちゃん人形。
ですが、意外と皆さん知らないことが多いのでは?

ナナちゃんはスイスのメーカーが製造したもので、身長は610センチ、体重は600キロ、足のサイズはなんと75センチもあるんです。
名前の由来は、当初名鉄セブン館のシンボルとしてやってきたため、セブンをもじって『ナナ』ちゃんとなったのです。
さらに、街の人から疑問の多かったナナちゃんの衣装の謎にも迫ります。
去年は16回も着替えた衣装、普通の婦人服の7倍以上の布を使っているんですが、素材にもこだわって、普通の服と同じものを使っています。
そして、着替えの際に作業を進めやすくするため、細かくパーツごとに作ってあるのです。
今や名古屋駅前のシンボルともなっているナナちゃんには、こんな工夫が隠されていたのでした。

100m道路をはじめとして、とても広い名古屋の道。
なぜ100mあるのか、もちろんちゃんと理由があります。
木造の建築物が多かった当時、火災が大災害へとつながる危険性がありました。
100mという幅の道路で都市を分断することにより、火災の広がりを食い止めようとしたのです。

その生みの親は、名古屋の戦後復興の陣頭をきった田淵寿郎という男でした。
それまでの功績から時の市長より絶大な信頼を得ており、復興の全権を任された田淵は、
焼け野原となった名古屋の街を前にして、目先の復旧のことよりも50年後の都市計画を考えます。
ところが、その計画は当時の人々からすると無駄なものに見え、中々支持を得られず、多くの苦労がありました。
特に大きな障害となったのは…なんとお墓。
新しい道路の建設予定地にはおよそ300の寺と、そのお墓があったのです。
何としても道路を作る土地を確保せねばならなかった田淵は、大胆にも墓を一箇所にまとめる計画を立てたのです!
前代未聞のその計画、当然反対も多くとても容易なことではありませんでした。
それでも田淵は持ち前の行動力で粘り強く交渉を続け、その志しに共感した人達の協力を得て、お墓の移転を成功させました。
それが、名古屋市千種区にある平和公園なのです。

名古屋の名物、100m道路。
普段何気なく通るこの道には、未来を見据え今日の名古屋のために尽力した一人の男の物語が隠されていたのだ…。


01
02
03

モーニング喫茶 リヨン

喫茶時間は一日中モーニングが楽しめる!

詳細情報を見る

珈琲&寿司 佐田

本格寿司屋なのにモーニングが食べられる!?

詳細情報を見る

スナックあけみ

スナックのママが作るボリューム満点手作りモーニング!

詳細情報を見る


特集3 近藤産興は本当に「何んでも貸します」?
 

名古屋の人にはお馴染みの近藤産興のCM。
でも、実際どんな会社なのかはあまり知らないのでは?
そこで、本当になんでも貸してくれるのか、近藤産興の真実を探ってきました!

本当に茶碗からジェット機まで何でも貸してくれるの?
知っているようで知らない近藤産興を徹底解明!
倉庫には、すごい数の着ぐるみやコスチューム!
世界一の大きさの和太鼓から50人大鍋まで!!
最近では、建築機材や介護用品まで取り揃え、現在、3万種、100万個の商品が保管されています!
なんと、ジェット機も本当に貸していたそう。
衣装もなければ裁縫係が、大鍋も会社の金属加工工場でつくり、
さらに巨大なものは実物大のスペースシャトルも!

「創ってでも貸す!」これが、近藤産興、成功の秘密なんです。


01
02
03

近藤産興株式会社

詳細情報を見る


天日干しにこだわる素麺職人
 

昔ながらの天日干しにこだわる素麺職人の仕事

今回の舞台は三重県四日市市大矢知町。
江戸時代より手延べ素麺作りが盛んな東海地方屈指の産地。
この街で天日干しにこだわる素麺職人吉原寿一さん。
「一度作業に入ったら親の死に目にも会えない」といわれるほど、付きっきりの作業から生まれる手延べ麺は、コシが強く白さ際立つ上質なものと評判で、毎年直接注文だけでほとんどが売り切れてしまう。
今生産の最盛期を迎えた素麺作り、冬の風物詩とも言える天日干し素麺にかける職人の仕事に迫る。

01
02
03

大矢知手延素麺協同組合

天日干し素麺作りにこだわる職人

詳細情報を見る


 
東海テレビホームページ