スタイルプラストップページ
トップへ戻る
 
 
2月24日(日)の放送内容
 
(今回のゲスト:中尾彬さん、遠藤久美子さん)

特集1  「物作りに魅せられた女性大工!」
伝統の技を絶やさぬために作られた国家プロジェクト「大工育成塾」。このプロジェクトに参加し大工になった女性が名古屋にいました。大工になるのが子どもの頃からの夢だったと語る彼女の仕事風景に密着しました!

特集2  「女性消防士完全密着!」
火災に事故…。危険な現場で働く消防隊員はとても過酷な仕事で、もちろん男性が多い職場。しかしその中で、男性に混じって懸命に働く女性隊員がいました。そんな彼女の24時間に完全密着、緊迫の現場で働く姿を追いました!

 
特集1  男社会の中で頑張る女性たち
 

大工の世界で働く女性に密着

女性大工に完全密着

名古屋市西区にある建設会社鈴起建設。 そこで男性に混ざって活発に 働く女性がいた。
田口美幸さん22歳。幼い頃からもの造りが好きだった彼女は大工を職業とすることを決意。
国土交通省が伝統の技術を絶やさぬよう発足したプロジェクト「大工育成塾」入塾し、そこで三年間大工の基礎を学んだ。

その後去年の4月に鈴起建設に入社した。
早朝から作業場で仕込み作業。大工の仕事は家を建てるだけではない。このように作業場で木材の加工をするのも大事な仕事である。
鈴木社長は言う「彼女はうちの中でこの加工作業は一番うまい」。 午後は建設現場へ移動し、加工した木材を使い建築作業を行う。
その全ての作業を男性と同じようにこなす田口さん。女性には厳しい仕事だが、田口さんの目標は一生大工の仕事を続けていくこと。

01
02
03
特集2 密着!女性消防士
 

女性消防士

豊田市消防本部北消防署消防1課に所属する丸山紀子さん(24)。豊田市消防本部では火災や災害の現場に出動するただ一人の女性消防士だ。
24時間勤務、厳しい訓練、もちろん現場出動も消防隊の一員として男性隊員と同じ勤務をこなす。そんな女性消防士の一日に24時間密着した。


01
02
03
 
東海テレビホームページ