スタイルプラストップページ
トップへ戻る
 
 
4月13日(日)の放送内容
 
(今回のゲスト:モト冬樹さん 伊藤かずえさん )

特集1   「100円ショップの人気商品ベスト3&安さのヒミツ!」
100円ショップと言えば・・・「ダイソー」「キャン・ドゥ」「セリア」の3社。 その3社の人気商品ベスト3を一挙公開! 「どうして100円で売れるのか?」その答えとは・・・?

特集2  「やり手美人バイヤーの1日に密着!」
100円ショップに売られている商品の数パーセントは、自社で独自に 開発した商品。その商品の開発を手掛け、過去、ヒット商品を生み出し た美人バイヤーの1日に密着。ヒット商品を生み出す秘策とは・・?

特集3  「まだまだある・均一ショップ!」
100円ショップだけじゃない!誰もが一度は利用したことがある? おなじみの均一ショップから、東海地方に今年から進出した、 変り種の均一ショップを紹介。 その安さの秘密も少しだけ教えちゃいます。


「親子・木魚職人」
現在、国内で木魚を手作りする職人の工房は10軒にも満たないそうです。 実は、その半数近くが、愛知県一宮市にあります。 番組では、親子で伝統の木魚作りを手掛ける職人親子の仕事ぶりと 情熱に迫ります!

 
特集1  100円ショップ大特集
 

あんなものからこんなものまで、驚きの安さで提供する100円ショップ。今や私たちの生活には欠かせないものとなっている100円ショップの裏側に迫ります。

100円ショップ業界からも注目されるセリアの人気の秘密に迫る!

セリア急成長の秘密1「POSシステム」の導入
値段が均一の100円ショップにおいて、レジの正確性や迅速化を図るPOSシステムは不要と考えられていた。
しかし、これを商品管理システムとして使いこなすことでセリアは無駄な在庫、無駄な仕入れなど、あらゆる無駄をそぎ落とし、より高品質な商品をお客様に届けることに成功した。

セリア急成長の秘密2「在庫を持たず欠品を防ぐ」
100円ショップにとって重要なことはお客様が欲しいと思った時に必ず手に入れられる環境作り。セリアでは適度な在庫を持ち、欠品を防ぐことでお客様に満足していただける店作りを徹底している。そのために、POSシステムから得られた販売データを分析し活用している。

セリア急成長の秘密3「100円以上の100円」
セリアでは充電器や充電池など他店では実現できなかったような商品や、100円とはとても思えない高品質な商品も、POSシステムの導入による徹底した効率化により実現している。                                                          

01
02
03

セリア生活良品稲沢ハーモニーランド店

業界売上高第3位!

詳細情報を見る

キャン★ドゥ 名古屋みなとベイシティ店

業界売上高第2位!

詳細情報を見る

ザ・ダイソー 名古屋栄スカイル店

業界売上高第1位!

詳細情報を見る

特集2 100円ショップの女性バイヤー密着
 

100円ショップに並ぶ商品をどのように決定しているのか追跡

岐阜県大垣市に本社を置く、(株)セリア。ここで全店舗で販売する商品を決定している。
決定しているのが本社の商品部・商品企画課に勤務する「バイヤー」と呼ばれる人たち。
セリアには6名のバイヤーがいるが、今日はその中の女性バイヤーに密着。


01
02
03

(株)セリア本社

詳細情報を見る

特集3 まだまだある・均一ショップ!
 

100円ショップだけじゃない!まだまだあるお得な均一ショップ。

100円ショップだけじゃない!誰もが一度は利用したことがある?
おなじみの均一ショップから、東海地方に今年から進出した、 変り種の均一ショップを紹介。
その安さの秘密も少しだけ教えちゃいます。


01
02
03

SHOP99 中区千代田店

店内のものほとんどすべてが99円(税込み104円)で 買えるお店。

詳細情報を見る

千金ワールド 九番街店

店内のものほとんどすべてが1000円(税込み1050円)で 買えるお店。

詳細情報を見る


木魚作りにかける職人親子 〜父から息子へ受け継がれる伝統の技〜
 

木魚作りにかける職人親子を追う

「ポクポク」と御経を唱えるときに鳴らす「木魚」。
江戸時代に中国から日本に伝わったと云われている。
現在、国内で木魚を作る工房は愛知県内の9軒といわれている。
一宮市で70年以上の歴史がある加藤木魚製造所。
木魚職人、加藤春男さん、72歳。
半世紀以上もの間、木魚を作り続ける名人。
いつも肩を並べ隣で作業をするのは、息子の寿和(としかず)さん。
18年前に脱サラして家業を継いだ。
樹齢100年以上は経つクスノ木の原木を材料として使う。
中をくり貫くのは息子寿和さんの仕事。特殊なノミを使い中を均等に空洞にしていく。
表面の彫刻は春男さんの仕事。寿和さんが初めて彫刻に挑戦する姿を紹介。
木魚は「音が命」という春男さん。
木魚の口の部分を削り、いい音を調整していく「音付け」の姿を紹介。
親子で木魚作りにかける想いを聞いていく。

01
02
03

加藤木魚製造所

親子で木魚を作る工房

詳細情報を見る


 
東海テレビホームページ