スタイルプラストップページ
トップへ戻る
 
 
9月7日(日)の放送内容
 
(今回のゲスト:渡辺徹さん、磯野貴理さん)

特集1 「名古屋名物!ういろうの工場を社会見学!」
あのCMソングが有名なういろう工場へ潜入! なぜ名古屋名物といわれるのか?ういろうの作り方だけでなく、ルーツも解き明かします!

特集2 「陸上自衛隊の訓練に密着」
名古屋市守山区、住宅街の中にある守山駐屯地。隊員はそれぞれの役割をはたすため日々訓練しています。駐屯地の中には何があるのか?今回は、特別に普段見ることのできない場所にカメラが潜入しました!

「JAFロードサービス隊員」
車の故障やトラブルなど、困ったときの強い味方、JAF。8月は、レジャーや仕事車に乗る機会も多くなり故障などのトラブルも増えるため、一番出動が増えるそう。24時間ロードサービスの隊員たちに密着します!
「瀬戸」編
 
特集1  大人の社会科見学
 

社会の裏側を探る「大人の社会科見学」。
今や日本の代表的な名菓となった「青柳ういろう」の生産工場に潜入し、視聴者の気になる部分に迫ります。

「名古屋名物 ういろう」の秘密

今や「名古屋名物」としてすっかり定着しているお菓子「ういろう」。
実は名古屋が発祥ではないんです。「元祖ういろう」は小田原にある600年以上の歴史を持つ旧家「外郎家」によるものと言われています。
ではなぜ、「ういろう」が「名古屋名物」として親しまれるようになったのか、その秘密に迫ります。

01
02
03

株式会社青柳総本家 和菓子生産部 犬山工場

名古屋名物として親しまれている「ういろう」その人気の秘密を探るべく、ういろう工場に潜入。
およそ130年という長い歴史を誇る銘菓の秘密に迫ります。

詳細情報を見る

青柳ういろうエスカ直営店

「名古屋名物 ういろう」の仕掛け人!

詳細情報を見る

株式会社ういろう

外郎家が作る600余年の歴史を持つ「元祖ういろう」

詳細情報を見る

特集2 陸上自衛隊 守山駐屯地へ社会見学
 

実は身近な場所にある「自衛隊」の駐屯地。
普段なかなか入ることのない陸上自衛隊の駐屯地にカメラが潜入しました!

栄から電車でわずか15分のところに自衛隊の駐屯地はあります。
実は、自衛隊の駐屯地は、予約すれば一般の人も見学できるんです!

敷地内には、見学者のための展示用の戦車や、実際に使われる数百台の特殊車輌、時には、構内にヘリコプターが降り立つこともあるんです!

また、東海・北陸6県を担当する陸上自衛隊・第10師団に今年4月配属された新人隊員にも密着!
新人隊員らは各駐屯地で日々、基礎訓練と配属する部隊ごとに専門教育を受けています。

この日は、新人隊員にとって初めての野営訓練が行われました。
豊川市にある陸上自衛隊日吉原演習場での新人隊員の訓練にカメラが潜入しました!


01
02
03

守山駐屯地

昭和34年6月に創立され、それ以前には旧軍時代、米軍時代があり、まだ当時の建物が残っている。

詳細情報を見る


JAFに密着
 

昼夜を問わず車の事故や故障現場へ!JAFロードサービスの隊員に密着

暑い時期は車のタイヤのバーストやバッテリーのトラブルが増える。
8月は一年の中でもJAFへの出動要請が最も多い時期だ。

JAFこと「日本自動車連盟」は会員制のロードサービスだ。
日本中に支部を持ち、24時間365日救援を待つ車の事故や故障などの現場に駆けつける。
愛知支部だけでも、およそ200人の隊員がひと月に2万件以上もの出動をこなす。

朝8時。
JAF名古屋西ロードサービスセンターでは隊員たちが作業車を洗車していた。
この基地の班長である伊藤博輝は、この道18年目のベテランだ
「お客様の元へ行く車なので」と細部まできれいにする。
出動準備を整え、本部へ連絡した伊藤に早速出動の指令が届く。
「暑いと重労働はきついけれど、お客さんが待ってみえますから。」
と伊藤は言う。

夜もJAFは眠らない。
名古屋東ロードサービスセンターでは武田直樹班長が夜勤にあたっていた。
夜食は早くて0時過ぎ。明け方まで食べられないこともあるという。

深夜に、真夏の炎天下に、JAFロードサービス隊員はいつでもどこへでも駆けつける。

01
02
03

JAF名古屋東ロードサービスセンター

武田直樹班長が所属する基地

詳細情報を見る


JAF名古屋西ロードサービスセンター

伊藤博輝班長が所属する基地

詳細情報を見る


JAF 中部本部 愛知支部

中部地区からの救援依頼が届き、
各地のロードサービス隊員へと伝えられる指令室がある。

詳細情報を見る


「瀬戸」編
 

普段見慣れた風景も、少し目線を変えると、そこには意外な発見が…。
東海テレビアナウンサー「高井 一」が趣味のカメラを片手に 懐かしい景色や物 心温まるふれあいを求めて街を歩きます。
さあ今日は、この街にまず一歩…。



丸一国府商店

丸に一のマークが目印のお店です。

詳細情報を見る


うなぎの田代

店先から道に煙が立ち込めるうなぎ店です。

詳細情報を見る


銀座茶屋

銀座商店街にあるくつろいだ雰囲気のお店です。

詳細情報を見る


林 洋品店

店頭に珍しい帆布前掛けが並んでいるお店です。

詳細情報を見る


フクオカ工芸

お土産品の塗料の吹付けをしています。

詳細情報を見る


Curry-men

職人が作るオリジナルメニューが食べられるカレーうどん専門店です。

詳細情報を見る



 
東海テレビホームページ