スタイルプラストップページ
トップへ戻る
 
 
11月9日(日)の放送内容
 
(今回のゲスト:ブラザートムさん、大沢逸美さん、小川和久さん(軍事アナリスト))

特集1 「意外と知らない!巨大火力発電所の裏側!」
生活のすべてを支えていると言っても過言ではない電気。実は名古屋の電力の大半は、港区にある巨大火力発電所が支えているのです!その内部をテレビ初取材!知っているようで知らない「電気が出来るまで」を徹底解剖します!

「栄の巨大ドコモビルに潜入!」
栄のど真ん中で、テレビ塔と競うようにそびえ立つドコモの巨大ビル。一度は目にしたことがあるこのビルは、今や当たり前のように使用する携帯電話の心臓部とも呼べる場所!厳重に管理されたこのビルの中には驚きの設備がたくさんありました!

特集2 「名古屋の巨大ゴミ処理場!」
毎日出る「ゴミ」。名古屋には、1日に1500トンもの可燃ゴミを処理できる巨大なゴミ処理場が!ユニークな計量機から、深さ30メートルのピット、さらに煙を一切出さない最新の装置まで、巨大ゴミ処理場の施設内を大公開!!

「独自の経営理念で業績を伸ばす社長」
愛知県碧南市の「七福醸造」は、白醤油にだしを加えた「白だし」が主力商品の中小企業。しかしここの社長は、自らトイレ掃除を行い、さらには社員を巻き込んでの合唱や100キロウォーキングなど、一風変わった経営方針を貫く。独自の理念で業績を伸ばす社長に密着しました!
「吹上・飯田街道」編
 
特集1 生活を支える名古屋の巨大施設
 

日々の生活に欠かせない、ライフラインの最前線に潜入!超巨大な施設が、名古屋の毎日を支えているのです。

<新名古屋火力発電所>
私たちの生活を支えている電気。
知っているようで知らない「電気の出来るまで」を徹底解剖!テレビ初公開の「電気が生まれる瞬間」とその仕組みを紹介します。


01
02
03

新名古屋火力発電所

テレビ初公開!電気の生まれる瞬間!!

詳細情報を見る


<NTT名古屋ドコモビル>
意外と知らない携帯電話のつながる仕組みを取材。
テレビ初公開の携帯電話の通信網の心臓部、交換機から、災害時の秘密兵器、移動基地局まで紹介します。


01
02
03

NTTドコモ名古屋ビル

テレビ初公開!携帯電話の通信網の心臓部、交換機

詳細情報を見る

特集2 巨大ごみ処理施設に潜入!
 

名古屋市民を支える巨大ごみ処理工場の内部をテレビ初公開!

名古屋市民の出す可燃ごみは年間70万トン。その半分を焼却しているのが名古屋市港区の南陽工場。
日本でも2番目の規模というその巨大さはまさに驚きの連続!
今回名古屋市環境局の全面協力を得て、普段見られない処理工場の裏側を徹底レポート!
深さ容量ともに壮大なスケールのごみピットから24時間365日燃え続ける焼却炉の中は圧巻!
その奥の処理工程はSF映画を思わせる巨大宇宙船のような空間に収まった化学プラントだった!
そしてごみが処理されて排出される煙突の先から出る様子を見てその能力の凄さに感動すら覚えるのです。


01
02
03

名古屋市環境局南陽工場

日本で2番目、名古屋で一番大きな処理能力を持つごみ焼却場。

詳細情報を見る


ユニークな体験教育で社員のヤル気を引き出す社長
 

独自の経営理念と社員教育で業績を伸ばす醤油メーカーの社長

愛知県安城市にある七福醸造は、小麦と大豆を材料にした白醤油に、だしを入れた「白だし」でトップシェアを誇る醤油メーカー。
社員のやる気を引き出すため、ちょっとユニークな社員教育をする犬塚敦統社長の思いに迫る。
犬塚社長は、感謝の気持ちを社会に還元する事で会社も成長すると信じる。
「心を豊かに、感性を磨く」という犬塚の理念のもと「合唱練習」「朝の天突き運動」「砂漠の植林」「100キロ歩け歩け大会」などユニークな体験教育を次々と実施している。
「100キロ歩け歩け大会」では、七福醸造の社員も30時間掛けて完走を目指す。

01
02
03

七福醸造株式会社

愛知県安城市にある七福醸造は、小麦と大豆を材料にした白醤油に、だしを入れた「白だし」でトップシェアを誇る醤油メーカー。

詳細情報を見る


「吹上・飯田街道」編
 
1

普段見慣れた風景も、少し目線を変えると、そこには意外な発見が…。
東海テレビアナウンサー「高井 一」が趣味のカメラを片手に後世に残したい「なごや遺産」を探して街を歩きます。
さあ今日は、この街にまず一歩…。


川徳商店

飯田街道沿いに店を構え70年。野菜や果物など食料品を主に扱う。

詳細情報を見る


ランチレストラン えん

住宅街の中にある隠れ家的なレストラン。

詳細情報を見る


川原神社

1000年以上の歴史がある神社。

詳細情報を見る


マンドリンの音の博物館

マンドリン暦60年。長年かけて集めたマンドリンとレコードを、見てもらうために開いたマンドリンの博物館。。

詳細情報を見る


 
東海テレビホームページ