スタイルプラストップページ
トップへ戻る
 
 
2月8日(日)の放送内容
 
(今回のゲスト:中尾彬さん、細川茂樹さん)

特集1  「なぜ名古屋はフィギュアスケートが強い?」
浅田真央に安藤美姫…今、世界で活躍する日本のフィギュアスケーターは名古屋出身が多い!なぜこんなに多くの有力選手を輩出するのか?フィギュア王国・名古屋、その強さの秘密に迫る!

特集2 「名古屋のフシギ 一挙解決!」
喫茶店でコーヒーを頼むと付いてくるピーナッツ…熱々のトーストにあんをのせた小倉トースト…名古屋の地下鉄車内に設置された鏡…名古屋の人には当たり前の事も実はフシギがたくさん!そんな名古屋のフシギを一挙解明!

特集3 「名古屋の常識!『つけてみそかけてみそ』」
おなじみの味噌調味料「つけてみそかけてみそ」。今年で発売から15年が経ち、今や名古屋を代表する調味料に。毎月18万本近くを製造するという工場に潜入!ユニークなネーミングの秘密が明らかに!

特集4 「フランスのショコラティエ」
2月14日はバレンタインデー。 ジェイアール名古屋タカシマヤは、 実はバレンタインデーのチョコレートの売り上げが、 日本全国に展開するタカシマヤの中でも一番高い。 その理由には、世界各国から取り寄せた豊富な品揃えにあった!

「極寒の高山のJAF隊員!」
ドライバーの強い味方・会員制ロードサービス「JAF」。岐阜・飛騨地方の業務を担当する高山基地はこの時期が一年で最も忙しいが、基地を取り仕切るのは52歳のベテラン隊員たった1人。極寒の中、雪山の車トラブルに立ち向かう一人のJAF隊員に密着!
 
特集1 なぜ名古屋はフィギュアスケートが強い?
 

浅田真央選手、安藤美姫選手、中野友加里選手など、
世界で活躍するフィギュアスケーターは名古屋のリンクで育った!
今や日本のフィギュア界は、名古屋が引っ張っているといっても過言ではない。
なぜ、こんなに名古屋はフィギュアスケートが強いのか…その理由を徹底調査。
そのきっかけの1つが、伊藤みどり選手の存在。
地元・名古屋のスターの活躍でフィギュアスケートの認知度が上がり、選手の数も増加。
また、「優秀なコーチ陣がそろう」「リンクの数が多い」など、練習する環境に優れ、
さらに特徴的なのが、「熱心な親が多い」という事実。
寒いリンクサイドで常に子どもの練習に付き添い、子どもと喜びを分かち合うことで、
子どもの成長にもつながるという。
今現在も、浅田選手、安藤選手に続き、今後活躍するであろう有力選手が育ってきている。


01
02
03

名古屋スポーツセンター 大須スケートリンク

浅田真央選手、中野友加里選手も通ったスケート場

詳細情報を見る


邦和スポーツランド 室内スケートリンク

鈴木明子選手も使用しているスケート場

詳細情報を見る


愛・地球博記念公園 アイススケート場

博覧会時にはグローバルハウスとして使用されていた施設を復旧。
2重リンクで、外周は200メートルの滑走ができる。

詳細情報を見る



特集2 ピーナッツ&地下鉄の不思議
 

喫茶店のコーヒーにピーナッツが付くわけ&地下鉄車内の鏡の不思議!

『名古屋の喫茶店』に関する不思議に迫る。
コーヒーを頼むとかなり高い確率で付いてくるピーナッツ。
なぜコーヒーにピーナッツが付くのか?
そこには、「おまけ好き」の名古屋人気質ならではの誕生秘話があった!

そして、『名古屋の地下鉄車内』に関する不思議。
ドアの近くに付いている鏡は、実は広告用の鏡。
名古屋の人にとっては当たり前に感じるが、この広告、名古屋の地下鉄にしか存在しない。
このユニークな広告の仕方が思いついたきっかけとは…?


01
02
03

愛知県喫茶飲食生活衛生同業組合

詳細情報を見る


ヨコイピーナッツ株式会社

詳細情報を見る


街美社広告株式会社

詳細情報を見る


特集3 名古屋の常識!『つけてみそかけてみそ』
 

ナカモ「つけてみそかけてみそ」の工場に潜入、その人気の秘密を探る

つけてみそかけてみそ 人気の秘密

名古屋の人にはおなじみ「つけてみそかけてみそ」。
東京で聞いてみると誰も知らないが、名古屋ではほとんどの人が知っているという、みそ調味料。
製造元・ナカモ本社工場に潜入。その人気の秘密を探る。
伝統ある老舗のみそ造りをいかした味には、名古屋の人も知らないある秘密が隠されていた!
そして名前の由来・容器の裏話など開発当時のエピソードが次々と明らかに!
また、「つけてみそかけてみそ」を愛用しているというご家庭の、意外な調理方法も紹介。


01
02
03

ナカモ株式会社

創業180年、伝統あるみそ造りを続けながら「つけてみそかけてみそ」などの
新しい提案をする老舗のみそメーカー

詳細情報を見る


特集4 フランスのショコラティエ
 

2月14日はバレンタインデー。
ジェイアール名古屋タカシマヤは、 実はバレンタインデーのチョコレートの売り上げが、
日本全国に展開するタカシマヤの中でも一番高い。
その理由には、世界各国から取り寄せた豊富な品揃えにあった。
中でも一際人気で、力を入れているのが、フランスのショコラティエ「ミッシェル・ブラン」のチョコレート。
普段、日本国内では手に入らず、イベント期間中でも他のデパート等では取り扱っていないため大人気。
そのチョコレートの秘密を探るべくフランスへ飛び、天才ショコラティエに密着取材!
1粒のチョコに驚くべき情熱を注ぎ込む彼の、チョコレートにかける思いに迫る!


01
02
03

ジェイアール 名古屋タカシマヤ

昨年のバレンタインデー期間中のチョコレートの売り上げは、
全国のタカシマヤの中でダントツの1位を記録した。

詳細情報を見る


JAF高山基地 氷点下で奮闘する隊員に密着
 

雪が降り積もる長い道のりを駆けつけ、氷点下10度を下回る現場で、
救助を求める人たちのために奮闘する、JAF隊員に密着した。

岐阜県の飛騨地方全域を担当する『JAF岐阜支部・高山基地』。
隊員たちは、片道50キロ以上の現場へ、雪道を1時間以上かけて駆けつけることもある。
現場での仕事が、ただ5分程であろうと…。
  さらに雪の日の夜には、氷点下10度を下回る過酷な環境での仕事も強いられることもざら。
『一刻も早く駆けつけ、ドライバーを安心させたい』…雪山のJAF隊員の仕事に、カメラが迫った!


01
02
03

JAF岐阜支部 高山基地

詳細情報を見る


 
東海テレビホームページ