スタイルプラストップページ
トップへ戻る
 
 
3月1日(日)の放送内容
 
(今回のゲスト:柳沢慎吾さん、青田典子さん)

特集1 「名古屋市中央卸売市場 セリのウラ側に密着!」
広大な敷地で、水産物の取引が行われている名古屋市中央卸売市場。 セリで取引される魚は、1日およそ300トン。 出荷額は東京・大阪に次いで全国3位。 「日本の台所」と呼ばれる市場で、 水産物のセリを行う(卸売業者)柴田裕臣さん(37)の 気迫溢れるセリの「ウラ側」に密着しました!

特集2 「アジア一を誇る 巨大花市場に潜入!」
全国各地から年間8000万鉢の花が集まる「愛知豊明花き地方卸売市場」。全300席に及ぶセリ場には、巨大ディスプレーが6台、 世界初!最新式のシステムで行われる「花」のセリに潜入しました!

特集3 「日本最大級の市場に潜入」
木材の売上高日本最高を誇る、愛知県大口町の「東海木材相互市場」や、1日数億円ものお金が動く、「中古車オークション運営会社(USS)」、 金魚の生産日本一を誇る愛知・弥富市の金魚市など、 驚きの市場の全貌に迫ります!

「三重県松阪市 ハサミ職人」
理・美容専門のハサミを作る、山端公喜さん(49)。 理・美容師ひとりひとりの要望に応えるため、 1丁1丁のハサミに心血を注ぐ職人の熱き思いを追いました。
「天白区・平針」
 
特集1 名古屋市中央卸売市場 セリのウラ側に密着!
 

東海地方で最大の規模を誇る、名古屋市中央卸売市場!
セリの仕組みなど、意外なウラ側をとは?

名古屋市中央卸売市場に潜入!!

名古屋市中央卸売市場は3ヶ所で成り立っていて、
青果は、豊山町にある北部市場。
食肉は、港区にある南部市場。
水産物、青果、漬物の取引がされているのが、
名古屋市熱田区にある、名古屋市中央卸売市場本場。
本場は、3場の中でも最も古く歴史がある市場。
そこで、本場で行われている「セリ」のウラ側と仕組みに迫る!
さらに、市場を支えている食堂や売店、
自転車修理などの専門店、衛星検査など縁の下の力もちがいた。
鮮魚を扱う、卸売業者の仕事とは?
そのウラには地道な営業活動があった。 


01
02
03

名古屋市中央卸売市場本場

昭和24年4月に生鮮食品の総合卸売市場として業務を始めた。
東海地方では鮮魚が盛んな市場。

詳細情報を見る


特集2 アジア一を誇る 巨大花市場に潜入!
 

全国各地から年間8000万鉢の花が集まる「愛知豊明花き地方卸売市場」。
全300席に及ぶセリ場には、巨大ディスプレーが6台、世界初!最新式のシステムで行われる「花」のセリに潜入しました!

週2回行われる愛知豊明花き卸売市場の競り。
この競りに向けて、全国から花が出荷される。
市場に入荷した花は、花の状態を見る専門のスタッフにより、厳重に検品される。
この検品作業を経て、買参人による競りを待つ。
花き市場で花を買うことができるのは「買参人」という特別に認定された人たちだけ。
競りの前に、買参人たちはあらかじめ買いたい花を下見し、入札価格を事前に決めておく。
競り場は、魚市場など「市場」と聞いてイメージするものとは異なり、6台の巨大なスクリーンと全300席に及ぶひな壇状の座席が並んでいる。
買参人はこの座席に座り、スクリーンに映された画像を見ながら、座席に設置されたタッチパネルを操作しながら競りに参加する。
この大型をスクリーンを使った競り方法は、豊明花き市場が業界初開発、初採用。
今では世界中の主要な市場で採用されている。


01
02
03

豊明花き株式会社

アジア一を誇る愛知豊明花き地方卸売市場を運営

詳細情報を見る


特集3 東海地方にある日本最大級の市場
 

「車」のオークション
中古車オークションを運営する会社。
会場にはおよそ7000台がずらりと並ぶ。
衛星通信や、インターネットでのオークションの映像配信など、
全国規模で中古車販売業者やディーラーが会員となって
参加している。そこでは、驚きの取引額だった!

「木材」のセリ
毎週金曜日に行われるセリは、木材加工業者や木の製品メーカーの人が
全国から買いに来る。
多いときは300人を超える。
日本の中心部で流通に便利と言うことから日本最大の売上高を誇る。

「金魚」のセリ
生産量日本ーを誇る金魚の市場。
日本にる金魚の全品種である約25種類すべてが弥富市でそろう。


桔梗屋

USS名古屋

【住所】愛知県東海市新宝町507-20
【電話番号】052-689-1111


桔梗屋

株式会社 東海木材相互市場

【住所】愛知県丹羽郡大口町河北2-2
【電話番号】0587-95-110


桔梗屋

弥富金魚卸売市場

【住所】〒498-0017 愛知県弥富市前ヶ須町東勘助269
【電話番号】0567-67-0181


ハサミ職人・山端公喜
 

美容師や理容師のハサミを1丁1丁手作りで作るハサミ職人の紹介

三重県松阪市。住宅街の一角にある「山端鋏製作所」。
製作所とはいうものの社員は社長でハサミ職人の山端公喜(49)ただひとり山端が作っているのは、
ハサミの中でも理容師や美容師が使う「髪切り専用のハサミ」。
機械で量産されるハサミが多い中、山端は手作りでひと月に約200丁のハサミを作る。
その1丁1丁がひとりひとりの手の大きさや要望に合わせたハサミだ。
理容師や美容師からは、「唯一無二のハサミ」「他のハサミが使えなくなるくらい使いやすい」と評判のハサミ。
製作工程は多岐にわたり、30類以上あるが、山端は殆どの作業をたったひとりで行う。
「目指すのは使い手ひとりひとりにあったオンリーワンのハサミ」。
山端の1丁のハサミにかける熱い思いを追った。


01
02
03

(有)山端鋏製作所

1丁1丁を手作りで作るハサミ職人、山端公喜さんの会社

詳細情報を見る


カットサロン TOKO-TOKO  

山端さんのハサミを使っている理容店

詳細情報を見る


ヘアーサロンいこい

山端さんのハサミを使っている理容店

詳細情報を見る


旭理容美容専門学校

山端さんのハサミを使っている専門学校。

詳細情報を見る


天白区・平針
 
1

「普段見慣れた風景も、少し目線を変えると、そこには意外な発見が…。
  東海テレビアナウンサー 高井 一が趣味のカメラを片手に街歩き。
  今回は、天白区・平針界隈を散歩。」


名古屋市農業センター

昭和40年開設の農業センター。

詳細情報を見る


ベスパ専門店 Sugiura

ベスパを修理販売する専門店。

詳細情報を見る


はじめの一歩 写真展

番組内で紹介した写真を展示します。
「はじめの一歩」は、高井一アナウンサーがカメラ片手に名古屋の町を歩きながら街の人たちとふれあい、
後世に残したい風景・人・モノを探すというコーナーで昨年5月4日にスタートしました。
なお、写真の展示をすることについて、
高井アナは、「『一歩』の散歩で出会った皆さんは、やさしく笑顔がいっぱいでした。散歩は心をHappyにしてくれます」とコメントしています。


【開催期間】2月28日(土)〜3月22日(日)
   
【場所】名古屋市東区・東海テレビ南側
     大塚家具の錦通沿いショーウインドー


 
東海テレビホームページ