スタイルプラストップページ
トップへ戻る
 
 
5月10日(日)の放送内容
 
(今回のゲスト:松平健さん、杉田かおるさん)

特集1 「国が認めた“日本一”の『農産物直売所』」
愛知県大府市の『JAあぐりタウンげんきの郷』。野菜の直売所やレストラン・温泉などがそろう複合施設で、地元で採れた食材を地元で消費する「地産地消」の活動団体として、日本一となる「農林水産大臣賞」を獲得!去年の来場者数は200万人強と、名古屋市の東山動植物園に迫る勢い。その人気の秘密に迫る!


特集2 「酢の生産シェア日本一のミツカンが誇る もうひとつの日本一」
愛知県半田市に本社を構える、ミツカングループ。酢の国内生産シェアは60%とダントツの日本一を誇る。さらに…実は納豆菌の保有数もおよそ2万種以上と日本一。金のつぶシリーズの「におわなっとう」、「ほね元気」など、納豆の生産シェアでも今や日本第2位となった。中でも、今もっとも力を入れているのが、固形のタレで話題の「あらっ便利!シリーズ」。消費者からの要望を取り入れたこの商品の開発秘話に迫る!


特集3 「日本一古い歩道橋に隠された秘話」
昭和34年に建造された、今も現存する「西枇杷島歩道橋」。半世紀にわたって市民の安全を見守ってきた歩道橋には、数々の感動秘話があった…。当時を知る人をたどり、誕生の経緯を徹底取材!

「佐久島の料理人」
三河湾に浮かぶ人口300人という小さな島、「佐久島」。海を見下ろす小高い丘の上に、一日一組限定という「満愛貴(まあき)」はある。料理に使う食材のほとんどは、自らの畑で栽培した野菜や佐久島近海でとれた魚介類。一組の客に対して極上の料理、そして心配りを徹底する料理人のこだわりに迫る!

市バスで巡る小さな旅
「はじめの一歩 市バスの旅」

 
特集1 愛知・大府市 地産地消日本一の農産物直売所に密着
 

愛知県大府市の日本一、「JAあぐりタウン げんきの郷」。
農産物や花の直売所、レストランなどが揃う複合施設で、今年3月、地産地消に貢献していることが評価され「農林水産大臣賞」を受賞した。

年間来場者数はおよそ204万人、今や東山動植物園や名古屋港水族館にも引けをとらないスポット。
ここでは農産物の安心・安全を徹底し、生産者と直売所のスタッフが厳しさを共有し、よりよい施設作りに日々切磋琢磨していた…。

遠方からも客が殺到する人気と日本一に輝いた秘密に迫る!


01
02
03

げんきの郷

農産物や花の直売所に、惣菜のお店、レストラン、温泉などがある複合施設。

詳細情報を見る

特集2 愛知県半田市の日本一・ミツカン
 

愛知県半田市のミツカングループ。
酢の生産量日本一であるだけでなく、なんと納豆でも日本一?
人気商品の誕生秘話にも迫ります!
歴史ある愛知県半田市の「ミツカン」。
酢だけでなく、「みりん風調味料」、「しゃぶしゃぶのたれ」、「めんつゆ」などでも堂々の日本一を誇る!

そのミツカンの知られざる日本一が…「納豆菌の保有数」。
実はミツカンは、現在シェア2位の納豆メーカーでもある。

今は、タレをゼリー状にした「あらっ便利!」シリーズが大ヒット!
実は社員の家族の何気ない一言から生まれた、画期的な商品だった…。


01
02
03

(株)ミツカン

お酢・めんつゆ・しゃぶしゃぶのたれなど、身近な調味料を製造するメーカー
最近では納豆業界にも進出し、売り上げも好調。

詳細情報を見る

特集3 愛知県清須市の日本一古い歩道橋
 

愛知県清須市西枇杷島町二見。

この交差点にかかる歩道橋が、実は、「日本一古い」歩道橋。
今から50年前に造られたものだ。

この歩道橋が造られた昭和30年代は、高度成長期のまっただ中。
町の広報誌には、「当時の国道22号線は県下随一の交通量で、1日に1件は事故が起こっていた」と書かれている。

そんな時代に造られた、「日本で最初の、そして一番古い歩道橋」。
半世紀にわたり、子供たちの安全を守ってきたこの歩道橋の誕生秘話に迫る。



最高のもてなしにこだわる佐久島の料理人
 

1日1組、ひと月に10組程度しか客をとらない小さな島の料理人に迫る

愛知県一色町佐久島、三河湾に浮かぶ人口300人程の島。

その島の高台に一軒の料理店がある。
「満愛貴(まあき)」。
店主は水谷 政紀(59歳)。

水谷は、理想の店を求めて6年前に佐久島に店を構えた。
野菜は自らが作る無農薬のもの。
魚介類は三河湾近郊で捕れた天然素材。
味噌や醤油や塩などの調味料もほとんどが自家製だ。

一日一組限定、ひと月に10組しか客をとらないが、それでも畑の作業や食材の準備などに20日間は必要だという。
客に安心して頂けるように目に見えた食材を提供する。
「料理もサービスもロケーションもみんな合わせた総合芸術だ」と水谷は語る。

01
02
03

満愛貴(まあき)

1日1組限定(最大7名まで)

詳細情報を見る


「はじめの一歩 市バスの旅」
 
1

「普段見慣れた風景も、少し目線を変えると、そこには意外な発見が…。
東海テレビアナウンサー 高井 一が趣味のカメラを片手に街歩き。
今回は市バスで庄内川を目指す。」


あられの匠 白木

戦後創業のあられ店

詳細情報を見る


わたしん商店

岩倉街道沿いの米穀店

詳細情報を見る


 
東海テレビホームページ