スタイルプラストップページ
トップへ戻る
 
 
5月17日(日)の放送内容
 
(今回のゲスト:ルー大柴さん、原千晶さん)

特集1  「あの"餃子の王将"の好調の裏側」
不況の中、売り上げを伸ばし、幅広い層から人気の「餃子の王将」。 チェーン店でありながら、店舗ごとに違うメニューやサービスで、 お客の心を掴んだ「餃子の王将」の人気のヒミツに迫ります!


特集2 「名古屋のあの有名店を仕切る“ゼットン“の裏側」
名古屋テレビ塔や徳川園、ランの館、セントレアなど、名古屋の観光名所に店舗を構える「ゼットン」。業績を伸ばす理由は、「名古屋人だから」!?

「三重・尾鷲市に伝わる伝統の味 鰹の生節職人」
干物や塩辛など、尾鷲漁港で獲れた魚介類を加工・販売し、 100年以上の歴史を持つ「田岡魚店」。 尾鷲に古くから伝わる伝統の味「生節」を ひとりでも多くの人に伝えたいと願う、職人の思いに迫りました。

「千種区覚王山界隈」

 
特集1 不況に負けない!あの店の裏側
 

不況で財布のヒモが固くなっている昨今、とりわけ打撃を受けているのが外食産業。
そんな中、快進撃を続けているのが中華レストランチェーン「餃子の王将」。
なんと今年の3月の売上が、創業以来、過去最高の伸び率を記録するなど、まさに不況などどこ吹く風。
「安い!」「うまい!」「早い!」の三拍子で学生からファミリーまで幅広く利用される王将の強さのヒミツを探りました!
接客サービスの向上に注力する「長久手店」。
王将最大級の席数を誇るマンモス店「春日井店」。
タイ料理やポルトガル語のメニュー表など他店にはない個性を持つ「稲沢店」。
また、京都にあるセントラル工場への潜入など、王将の裏側を徹底取材しました!


01
02
03

王将 長久手店 

接客サービス・笑顔に自信あり!

詳細情報を見る


王将 稲沢店

王将でタイ料理が楽しめる!?

詳細情報を見る


王将 春日井店  

東海地区最強店!

詳細情報を見る


特集2 不況に負けない!ゼットンの秘密
 

1995年に設立以来、今年度(21年2月決算)の売上が過去最高という会社が、
名古屋に本社がある巨大飲食店グループ「ゼットン」
フレンチから、居酒屋、カフェと、
幅広いジャンルで名古屋をはじめ、関東や海外にも出店し全37店舗を経営しています。
しかし、メニューは決して安くありません。
なのになぜ、不況の今も人気を得て、売上げを伸ばしているのか?
その秘密に迫りました!


01
02
03

THE ORCHID ROOM

ランの館2階にあるカジュアルフレンチレストラン

詳細情報を見る


THE TOWER RESTAURANT NAGOYA

テレビ塔内4階のレストラン

詳細情報を見る


ガーデンレストラン徳川園

徳川美術館の隣、徳川園内にあるフレンチレストラン

詳細情報を見る



〜100年続く尾鷲伝統の味・生節職人〜
 

三重県尾鷲市に伝わる伝統の味、生節とそれを作る職人の紹介

三重県尾鷲市。太平洋に面した尾鷲漁港には毎朝、新鮮な魚介類が水揚げされる。
中でもこの時期最も脂がのってうまいのが鰹だ。
この鰹を目当てに毎朝漁港内の市場を訪れるひとりの男、田岡孝一さん(55)。
彼は100年続く老舗干物店の3代目。
代々尾鷲名物の『生節』を作ってきた。『生節』とは鰹を茹でて燻した鰹のスモーク、いわば半生状態の鰹節だ。
田岡さんは昔ながらの製法にこだわり、1匹1匹手で鰹を卸し、1本1本骨を手でとる。
丁寧な仕事が田岡さんの信条。薪で火を燃やし、じっくり燻した『生節』は、地元でも人気の商品だ。
頑固なまでに手作りにこだわる仕事人、田岡さんの仕事ぶりと絶品の生節を取材した。

01
02
03

(有)田岡商店

昔ながらの製法で生節を作る田岡孝一さんの店(工場)

詳細情報を見る


夢古道おわせ

田岡さんの作った生節を販売している土産物店

詳細情報を見る


千種区覚王山界隈
 
1

「普段見慣れた風景も、少し目線を変えると、そこには意外な発見が…。
  東海テレビアナウンサー 高井 一が趣味のカメラを片手に街歩き。
  今回は千種区覚王山界隈を散歩。」


鳥居自転車店

昭和20年創業の自転車店

詳細情報を見る


喫茶JaaJa

ミュージシャンが営む喫茶店

詳細情報を見る


みたらし団子のつる屋

日泰寺参道のみたらし団子屋

詳細情報を見る


炭屋本舗覚王山本店

炭のリラクゼーショングッズの店

詳細情報を見る


揚輝荘

覚王山日泰寺の東にある日本庭園

詳細情報を見る


 
東海テレビホームページ