東京オリンピックのマラソン・競歩の開催地が、暑さ対策のため、北海道・札幌に変更される見通しとなりました。

 東京でのMGCを勝ち抜き、オリンピックに出場するアスリートはどう考えているのか…東海地方ゆかりの代表選手に伺いました。

 9月のMGCでオリンピック出場を決めた名古屋大学出身・日本郵政の鈴木亜由子選手に聞いてみると…?

鈴木亜由子選手:
「急に…ね、札幌で…(笑)。東京のコースをイメージして練習してきましたし、MGCでも(東京を)走ってそれを本番に生かせていけたらなと思っていたので、戸惑う部分が大きいですし、オリンピックにふさわしいマラソンになるのかなという不安もあります」

 と、不安を口にしますが、鈴木選手にとって札幌は「思い出の場所」。

鈴木選手:
「マラソン挑戦の第一歩っていう場所で、すごく縁起がいいので。(札幌に)なったらなったで縁があるのかなと思います」

 初マラソンで初優勝を飾り、MGCの切符を手に入れたのが去年の北海道マラソンでした。

鈴木選手:
「暑さとか湿度という面では、やっぱり札幌は東京よりはやはり低いのかなと」

 同じくMGCで男子日本代表に選ばれたトヨタ自動車の服部勇馬選手は、東京の暑さについてこんな意見を…。

服部選手:
「(9月東京開催の)MGCは僕はそこまで暑くなかったと思いますし、暑さに対してしっかり準備・対策をすれば、東京でも十分可能だとは思います」

 東京に向けて調整してきた選手たち。複雑な思いで本番を待ちます。
(最終更新:2019/10/21 18:33)