神野大地選手:
「神野大地です。今年は愛知駅伝を津島市代表で走ります。応援よろしくお願いします」

 4年前の箱根駅伝で、驚異的な走りを見せた神野選手。登りの5区を区間新記録で走り、青山学院大学の優勝に貢献。「山の神」と称えられ、その名は全国に知れ渡りました。

 現在はプロランナーとして、イベントや全国のレースに出場しています。

 9月には東京オリンピックマラソン代表選考レースMGCに出場。17位という結果に終わり、今は残り1枠となったマラソン日本代表を目指しています。

 そんな神野選手が自分の原点と話すのが愛知駅伝。

神野選手:
「参加できたことが嬉しかった。あれだけ抜いた駅伝は人生でないですし」

 津島市代表として当時中京大中京高3年の神野選手が驚きの走りを見せました。山登りでぐんぐん順位を上げ、驚異の22人抜き!津島市の順位を一気に押し上げました。

 あれから8年。日本のトップランナーへと成長した神野選手が、愛知駅伝に帰ってきます。

神野選手:
「津島からでもトップでやっている選手がいるんだっていうのをみんなに知ってもらって、また自分自身がトップで走ることでもっともっとみんなに希望を与えられるかなと思います」
(最終更新:2019/10/22 19:06)