31日、愛知県では名古屋や豊田などで8人に、岐阜県でも4人に新型コロナウイルスの感染が確認されました。

 名古屋市では31日、千種区役所に勤務する50代の女性とその夫の60代の男性など、30代から60代の男女あわせて5人に感染が確認されました。

 また、豊田市では勤務先のアメリカから帰国した40代の男性など2人が、北名古屋市でも20代の女性が陽性と確認され、愛知県の感染者は178人となりました。

 岐阜県では、大垣市で一緒に働いていた40代と60代の男性や、岐阜市の40代の男性、多治見市の50代の男性のあわせて4人が陽性と確認されました。多治見市を含む東濃地方で感染者が確認されたのは初めてです。岐阜県の感染者は26人となりました。

 また、三重県で新たな感染者は確認されませんでしたが、鈴鹿市を訪れ、30日に感染が確認された埼玉県の男性が、北京オリンピックの銀メダリストで元陸上選手の塚原直貴さんとわかりました。

 塚原さんは27日に鈴鹿市を訪問し、28日に市内で開かれた陸上競技の練習会で講師を務めていました。