名古屋市天白区の三菱UFJ銀行で8日午前、客の男性が「コロナ」などと行員に話し、通報を受けた警察官が駆け付ける騒ぎがありました。

 8日午前9時半ごろ、名古屋市天白区植田3丁目の三菱UFJ銀行植田支店で、「『俺はコロナだ』という客が来ている」と行員から警察に通報がありました。

 警察官が防護服で駆け付けるなどし、周辺は一時騒然としました。

 調べによりますと、現金を下ろしに来た男性が「コロナ」などと行員に話したため、行員が急ぎ警察に通報したということです。

 これまでのところ男性が感染しているかは分かっていませんが、発熱や咳などの症状はないということで、警察は威力業務妨害の疑いもあるとみて、男性から詳しい事情を聴いています。

 この支店では、念のため窓口業務を取りやめ、来店者に対しては別の支店を紹介するなどして対応しています。
(最終更新:2020/04/08 19:35)