マスク不足が続く中、愛知県蒲郡市内の小学生に宛てに地元の企業から4000枚分の手作りマスクのキットが贈られました。

 蒲郡市の三谷小学校には地元の寝具メーカー「公大」の鈴木公輔社長らが訪れ、鈴木寿明市長らが4000枚分の手作りマスクのキットを受け取りました。

 キットはガーゼとひもが1セットになっていて、家庭のミシンなどで簡単にマスクを作ることが出来ます。

公大 鈴木社長:
「今回寄付させてもらったのは、うちのマスクを親子で作ってもらって、家族の絆を作ってもらおうと思って考えました。絵を書いてもらったりとか、楽しんで作ってもらえたらいいなと思っています」

 手作りマスクキットは13ある蒲郡市のすべての小学校に配られ、担任の教師らが家庭訪問の際、子どもたちに渡すということです。
(最終更新:2020/04/10 19:56)