「給付金の10万円がもらえなくなる」。給付金を口実に愛知県碧南市の80代の女性がキャッシュカード1枚をだまし取られました。

 6日午前10時ごろ、碧南市に住む80代の女性の自宅に、金融機関の職員を名乗る男から電話があり、「このままだと国からもらえる給付金の10万円がもらえなくなる」などと話しました。

 その後、女性は自宅を訪ねてきた男にキャッシュカード1枚を手渡しましたということです。女性が同居する孫に相談し、被害が発覚しました。

 調べによりますと、女性の自宅を訪ねた男は年齢30代くらいで紺色っぽいスーツを着ていたということで、警察が行方を追っています。

 愛知県内では4月から5月6日までに、給付金を口実にした不審な電話が9件確認されていて、警察が注意を呼びかけています。
(最終更新:2020/05/07 18:56)