三重県紀北町で、最高級の炭といわれる「紀州備長炭」作りが最盛期を迎えています。

 紀北町の備長炭製造販売会社では、土用の丑の日やバーベキューなど需要の増える夏本番を迎え、連日作業に追われています。

 「紀州備長炭」は、ウバメガシの木を1000度以上の高温で10日から2週間かけて焼き上げたあと、灰をかけて冷まして作られます。

 叩けば金属音がするほど硬く、火力が強く長持ちするのが特徴で、この会社ではおよそ20トンを全国に出荷するということです。
(最終更新:2020/07/23 12:03)