愛知県は岡崎市にある市立愛知病院を借り上げ、新型コロナウイルス患者の専門病院とする方針であることがわかりました。

 関係者によりますと新型コロナウイルスの感染拡大を受け、愛知県は主に中等症の患者を受け入れる専門病院として、岡崎市の市立愛知病院を借り上げるということです。

 愛知病院にはおよそ150床ありますが、新型コロナウイルス患者の専門病院としての病床数は現在検討中ということです。

 県は、現在いる入院患者の退院などで病床が空いた後の、秋ごろの開設をめざし、地元などとの調整を進めています。
(最終更新:2020/08/03 14:11)