アンパンマンの人形焼を無断で販売したとして、岐阜県の露店商ら男女4人が書類送検されました。

 書類送検されたのは、岐阜県関市の露店商の男(45)ら男女4人です。

 警察によりますと4人は今年6月、美濃加茂市の路上に止めた移動販売車で著作権者の許可を得ず、人気アニメ「それいけ!アンパンマン」のキャラクターをかたどった人形焼を販売した著作権法違反の疑いが持たれています。

 4人は以前から祭りなどでアンパンマンの人形焼を販売し、新型コロナウイルスの影響で祭りなどの中止が相次いだため、移動販売するようになったとみられています。

 今年4月末からの3カ月間で、360万円ほどを売り上げていたとみられ、アニメの制作会社が警察に相談して発覚しました。

 調べに対し、4人はいずれも容疑を認めています。
(最終更新:2020/10/16 18:47)