5日朝、愛知県大治町で高校の乗馬部の倉庫が燃える火事があり、男性1人が軽いヤケドをしました。蚊取り線香の火が干し草などに燃え移り、火事につながったとみられています。

 5日午前8時すぎ、愛知県大治町鎌須賀の同朋高校の乗馬部の倉庫で、「黒煙が上がっている」と近くの住民から消防に通報がありました。

 消防車など5台が出て火はおよそ30分で消し止められましたが、火元とみられる倉庫が燃え、隣接する住宅の一部が焼けました。

 この火事で、乗馬部のコーチの男性が額に軽いやけどをしました。

 警察によりますと、5日朝に男性コーチが倉庫内で蚊取り線香に火をつけ、目を離した隙に近くの干し草と殺虫剤のスプレー缶に引火し、火事につながったとみられるということです。

 同朋高校の乗馬部は大治町に練習場がありますが、出火当時、生徒はいませんでした。
(最終更新:2019/07/05 11:57)